今井宗久

皆様、こんにちは。
〈観濠クルーズSakai堺のんびりクルーズガイド〉松永です。

今回は【今井宗久】について~諸説あり~

今井宗久
商人・茶人
永正十七年~文禄二年(1520~1593)

今井宗久は、大和国高市郡今井村に生まれました。
祖は、近江源氏佐々木氏で近江国高島郡今井市城を領したことから今井と称したといわれています。
立身出世を志し、南蛮貿易で活気溢れる堺へ出て納屋宗次宅に身を寄せ、商人として修業を重ね、教養を身に付けるため、武野紹鴎より茶の湯を学び、娘婿となり、家財茶器などを譲り受けました。
武野紹鷗の死後は、子の武野宗瓦がまだ5歳であるため、今井宗久が後見人となり、武野家の財産管理を任されますが、後の武野宗瓦との遺産争いで奉行を織田信長の支配下にある者により行われたため、今井宗久に有利な証言が揃い、全面勝訴しました。
やがて、納屋宗次から独立し薬種業を始め、鉄よりも皮が主流であった甲冑製造などに用いる鹿皮などの皮製品の販売、また、 鉄砲の時代を予測し、火薬の原料を独占的に買い占め、河内鋳物師を集めて日本最大の鉄砲の生産地として堺を作り変え、鉄砲の生産に乗り出し、高性能の火縄銃を生産して戦国武将の注目を集め、茶会を通じて武将や堺の豪商たちとの人脈を広め、会合衆の仲間入りを果たします。
ところが、織田信長は各地の勢力に将軍への忠誠を示すため大義名分をつけ、石山本願寺へは5千貫、興福寺へは1千貫、堺へは2万貫(現在の価格にして約20~30億円)を課したことで堺と織田信長は一触即発の事態となりますが、会合衆と織田信長との仲介を行い、堺を戦火から救い、この功績より堺五箇庄の代官に任命され、摂津住吉郡に2千2百石の采地をうけました。
また、津田宗及をはじめとする反織田信長は泣く泣く軍門に下ることになり、やれ追加の資金援助、やれ労働力の提出要求など言いなり状態となり、約数十年間継続されていた堺の自治組織は緩やかに解体されることになりました。
会合衆と織田信長の仲介をしたことから、塩魚や干物を扱う商人組合の権利をはじめとする淀川通行船の関税免除や生野銀山開発などあらゆる特権を得ます。
しかしながら、長谷川宗仁とともに生野銀山などの但馬銀山の支配を任せられた後に生野銀山は反織田信長に寝返る太田垣氏に一度奪い返される事件が起き、豊臣秀吉の但馬出兵により生野銀山は織田信長の手中に収まりますが、豊臣秀吉が生野銀山を直轄領としたことにより、今井宗久の生野銀山への影響力が弱まりました。
影響力が弱まることは資金源の主力を奪われることになりましたが、鉄砲や火薬製造にも携わり総合軍事産業の事業家として巨万の富を築き、堺での立場を確立し、織田信長の天下統一を側面から支えました。
そのうえ、今井宗久が千利休を推薦し、千利休や津田宗及とともに織田信長の茶頭を務め、「天下三宗匠」と称されました。
まもなく、徳川家康にも側近し、本能寺の変の前日は徳川家康に茶を点てていたといわれています。
織田信長の死後は、豊臣秀吉に仕え、堺の万代屋宗安や住吉屋宗無とともに御咄衆を務めますが、本願寺との密接な関係や茶の湯に思い入れが無いとされ、豊臣秀吉は今井宗久よりも新興の薬種商である小西隆佐や千利休を重用したため、北野大茶会で茶頭を努めたのを最後に織田信長時代に浴したほどの活躍や地位がみられなくなり、静かに主役の座を降りました。
そして、日本で最初の武器商人であり当代随一の茶人は、73年の生涯に幕を閉じました。
今井宗久の生涯を伝えるものは極めて少ないとされていますが、堺市中之町東に「今井宗久屋敷跡」と刻まれた石碑や菩提寺である臨江寺の墓碑が残され、足跡を辿ることができます。
生涯の大半を堺で過ごした今井宗久の足跡を辿り、偲びたいと思います。

最後までありがとうございました。
また、船上にて笑顔で元気にお待ちしております。

☆レッツ!トライ!【今井宗久クイズ】コーナー☆
今井宗久にゆかりがある茶室といわれ、堺市博物館内にある登録有形文化財に指定された茶室は次のうちどれでしょうか?
1、黄梅庵
2、黄金の茶室
3、待庵
正解は、、、次回のブログで発表しますので次回のブログも皆様ぜひチェックして下さいませ。

【堺三大まつりクイズ】~正解発表~
令和二年(2020)11月6日のブログ[堺三大まつり]で出題したクイズの正解は、、、「1、大仙公園」です。
日本の都市公園100選・大阪みどりの100選・日本の歴史公園100選に選ばれ、園内には約400本の様々な種類の桜が植えられており、花見を楽しむ老若男女で賑わいます。

〈観濠クルーズSakai堺のんびりクルーズガイド〉松永

Filed under: 堺のお話,観光案内 — kc-sakai 10:03 AM  Comments (0)

堺三大まつり

皆様、こんにちは。
〈観濠クルーズSakai堺のんびりクルーズガイド〉
松永です。

今回は【堺三大まつり】について~諸説あり~

「堺三大まつり」は、
堺まつり・堺市民オリンピック・堺市農業祭の3つです。
本年は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止となりました。
沢山の笑顔や希望に溢れる堺三大まつりの中止は大変残念ですが、今回は昨年までに開催された堺三大まつりを振り返りたいと思います。

1つ目「堺まつり」

昭和49年(1974)より毎年10月の第3日曜日とその前日の土曜日に開催される堺市内最大のイベントです。
南蛮船フロートや世界民族衣装行列などを総勢約7千人が趣向をこらした演出で参加する〈大パレード〉、
堺出身の千利休が大成した茶の湯文化を堺の誇りとして継承や発展を目的に開催する〈利休のふるさと堺大茶会〉、
堺の特産品などを販売する〈なんばん市〉、ステージイベントや勇壮な布団太鼓が堪能できる〈前夜祭〉をはじめ、
堺商人まつり・さかい利晶の杜オータムフェスタ・山之口商店街イベントなどの盛り沢山の内容で、来場者は毎年約40万人を超えます。
昨年は百舌鳥古市古墳群の世界文化遺産登録決定により、堺7区を表現した7色のオリジナルTシャツに身を包んだ「世界遺産登録御祝隊」による統一した演出で盛大に盛り上がり、いつもとはひと味もふた味もちがう堺まつりになりました。
来年も沢山の素敵な笑顔に包まれた堺まつりになりますように。

2つ目「堺市民オリンピック」

昭和50年(1975)より毎年体育の日である10月の第2月曜日(祝日)に開催される堺市内最大の生涯スポーツの祭典です。
開会式典では、ブラスバンド演奏に合わせて選手が入場行進を行い、大会宣言・聖火入場・選手宣誓などの一大イベントを更に大きく盛り上げます。
7種目の競技(ソフトボール・バレーボール・卓球・陸上競技・ゲートボール・綱引・グラウンドゴルフ)に各小学校区からの代表選手が参加し、緊迫した空気に包まれた会場に流れる沢山の汗と涙が其々のスポーツに対する熱い想いを物語ります。
スポーツは「努力は嘘をつかない」ということを胸に抱いて、私も堺市民オリンピックに選手として参加した経験は、自分の中で大きな自信に繋がり、大変素晴らしい経験をしました。
来年も益々熱く盛り上がり沢山の夢と
希望に溢れる堺市民オリンピックになりますように。

3つ目「堺市農業祭」

昭和51年(1976)より毎年11月23日(祝日)に開催される堺市の農業を振興することを目的とされたイベントです。
堺市内でとれた新鮮な野菜や果物は絶大な人気を誇り即売する「とれとれ市」をはじめ、農畜産物品評会や素晴らしい花市・贅沢な堺の特産市・見応えがあるステージ演技などで、嬉しいと楽しいが全て盛り込まれた内容は堺市内外問わず愛されています。
生産者の方と来場者の方が実りの秋を迎えられる喜びを分かち合い、農業への理解と認識をより一層高めることができ、生産者の方への感謝はもちろん、改めて命を戴くことへの感謝を深めることができます。
来年も感謝を抱きながら素晴らしき実りの秋を感じられる農業祭になりますように。

堺三大まつりは、沢山の素敵な笑顔に包まれながら熱く盛り上がり、愛され続けています。
来年は無事に開催されることを祈りたいと思います。

最後までありがとうございました。
また、船上にて笑顔で元気にお待ちしております。

♡♠️♢♣️♡♠️♢♣️♡♠️♢♣️♡♠️♢♣️

レッツ!トライ!堺三大まつりクイズ】コーナー

(続きを読む…)

Filed under: 堺のお話,観光案内 — kc-sakai 10:00 AM  Comments (0)
2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30