5月9日 快晴

ブログ担当の宗和です。

又も朝のぼやきで始まります事、お許しください。

朝9:00、家を出る準備をしている最中に予約の電話が4件(そのうち1組の方は松原から車で来られるとの事で、堺近辺が全くわからないらしく、懇切丁寧に道順を説明していました)入り、予定の時間に出発できそうにない為、石田さんに電話をして先にフェニックス号で桟橋に向かってもらう事にしました。

その際に、クーラーBOXの中身を1つに纏め、空になった方をレスキュー艇に乗せておいてもらい、私が氷を買って桟橋に向かいましたが、氷を買うのも相当な重労働になっています。

 

■さて気を取り直して本日の運航報告です。

これは内川の藻屑蟹。上海蟹の親戚だそうです。

5月9日(日)午前中薄い雲があったのですが次第に晴れて行き、水位も115cm~150cm程度で、全便安心して航行出来る絶好のクル~ズ日和となりました。又、堺旧港では観光市場が催されていて、人の行き来はそれなりにありました。

●第1便満席のガイドを務めて頂いたのはヘルプで来られた細野さんで、船頭は石田さんでした。

 大人17名、子供or幼児が2名

内川に細野節が響き渡っていました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

1便出航のすぐ後にレスキュー艇で清掃を実施し、上のカニさんの写真と1便目の船を撮影して、月州中学校の手前で塩化ビニール製のパイプが張り出していたのを手摺の奥に押し込んでおきました。

 

●第2便はガイド柴さん、船頭は私宗和で出航しましたが、こちらも満席。

 大人15名、子供or幼児が6名

カメラを持って無かったので撮影出来ませんでしたが、灯台手前のNOVOPAN側に、海水パンツ1枚で寝そべっている男性がいて乗客のみなさん大爆笑!!

それもその筈で、ボディビルダーの方なんでしょうか、かなり筋肉隆々で、しかもビキニタイプの海パン1枚でいましたので、生きている事が確認出来るまでは、ミケランジェロの像が流れ着いたものかと思うほどの光景でした。

 

●第3便はガイド堀江さん、船頭は石田さんでした。

 大人16名、子供or幼児が4名

 第4便に予約頂いてた堀江さんのご友人(東京から来られたとの事)が近くまで来られていましたので、3便に変更して頂き、こちらも満席。

この時に2便目で気になっていた魚の死骸を回収に行ったのですが、想像を絶する悪臭で参りました。

 

●第4便は欠航となりました。

 堀江さんのご友人1名だけが予約されていたのと、15:30まで飛び込みを待ちましたが、何方も来られなかったので欠航とさせて頂きました。

と言う訳で合計60名の方に乗船頂き、前日にけし餅60個を予想したのがドンピシャでした。

 

■本日のスタッフ

 石田班長、柴さん、堀江さん、天満さん、宗和の5名とヘルプで細野さん(1便のみ)でした。

来週もいいお天気になりますように。

 

以上、宗和でした。

Filed under: 運航日記 — kc-sakai 6:25 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>