【日置荘校区】冬の風物詩☆『もちつき大会』開催

12月1日(日)、日置荘校区で『もちつき大会』が行われました。

同行事は、地域の皆さんと小学4年生~6年生が一緒に取り組む12月の一大イベントです!
日置荘小学校の運動場には、石臼と杵・せいろなどが用意され、たくさんの地域住民さんでにぎわっていました。

当日の参加者は、約137名!
運営を担っておられる校区福祉委員会の皆さんは、当日だけでなく前日から道具を揃えたり、米を研ぎ水にひたすなどの準備をしてくれています。

10時ごろになると児童たちが集まり、ボランティアの皆さんに餅の付き方を教わりながら積極的に参加!
子どもたちは、杵を振り上げ力いっぱいお餅をついていました!

つきあがったお餅は、家庭科室に運ばれて手際よく小餅に丸められていきます。その後、「きな粉餅」にしてランチルームで参加者に振舞われました。

できたてのお餅は、柔らかくて餅つきの場でしか味わえない特別な美味しさです!
また、この丸餅はお一人暮らしの高齢者の方々へも届けられます。

日本の伝統行事に興味を持ち、もち米がもちに変わっていく様子を見たり、つきたてのもちを味わって食べるなど、子どもたちにとって貴重な体験となりました。

Filed under: 地域活動,日置荘 — higashi 1:45 AM
FX