2月に入ってすぐの日曜日。 ぴーすの防災ワークショップチームは、 なんと!?池田市まで行ってきましたよ! 主催は、大阪府精神障害者家族連合会の豊能圏域家族会さま。 実は!同じ団体の、南河内圏域家族会さまには、 昨年同じ時期に呼んでいただきました。 とってもありがたいことです! 今回も、30名以上の保護者の方が集まってくださいました。 豊能圏域ということで、大阪北部地震を経験された方もいて、 大変意識の高い方が多かったです。 ワークショップも 「精神障害者の避難所での生活について考えたい!」 と声を上げてくださり、 急遽お題を変更して、活発な意見が交換されるものとなりました。 参加者の皆様にお伺いしたところ、 「危険を察知し、避難行動は出来る」 と答えた方が多く、 いわゆる「災害時避難行動要支援者」ではないことはわかりました。 でも、避難生活となると、 障害故に、大勢がいる避難所は難しい…。 避難所に行かないのであれば、どうするか? 在宅避難のポイントや車中泊の危険性などを話し合いました。 これまでは、漠然と「避難所は無理かな…」というところで 思考がストップしておられたと思いますが、 自宅の耐震基準は? 備蓄はどれくらいいる? 情報をどうやって入手する? など、具体的にやるべきことが見えてきたワークショップでした。 私たちも精神障害の方の抱える問題を知ることが出来、大変勉強になりました。 大阪府精神障害者家族連合会の豊能圏域家族会の皆様、ありがとうございました!