Archive for 2月, 2020

地域活動支援センターぱれっと 一部プログラム中止のお知らせ

いつもぴーすでの活動にご参加、ご協力いただき、誠にありがとうございます。 今回は、ちょっとしょんぼりなお知らせです。 堺市より、 新型コロナウイルス感染症の急激な拡大防止のため、 地域活動支援センター(生活支援型)においても、 プログラム(グループワーク)支援業務の中止が決定 いたしました。 そのため、予定しておりました一部のプログラムを 【当面 3月20日まで中止】 とさせていただくことになりました。 プログラムの開催を楽しみにされておりました皆様、 大変申し訳ございませんが、ご理解・ご協力をお願いいたします。 【中止プログラム】 ・3/3  わくわくワーク ・3/6  ぽかぽか工房 ・3/7  おもちゃ図書館 ・3/10   情報カフェ ・3/13   ぽかぽか工房 ・3/14   しゃべり場2 ※中止期間が延長になる可能性もございます。 プログラムの再開につきましては、今後の状況を注視しながら改めてお知らせいたします。

Leave a Comment

2/14 ぽかぽか工房に春がやってきました!

今日のぽかぽか工房は、3人のメンバーさんで活動。 途中、活動予定のないメンバーさんが立ち寄られました。 なんと! 前回の活動後、自宅で作ったという 桜の花や可愛い虫たちを持ってきてくれました。 今日のメンバーさんが作成中の、つくしやタンポポと合わせると… もう春の風景が! 皆さん、それぞれに上手で素敵な作品を作られるのですが、 それらを組み合わせると更にグレードアップする上に発想がふくらみ、 「こうしてみる?」と作品の幅が広がっていくのだそうです。 ぴーすにお立ち寄りの皆さんには、 ぴころ壁面やディスプレイがそんな過程を経て作られたんだなぁ と思って見ていただきたいと思いました。 次に、利用者駐輪スペースの看板も作っていただきました。 カフェの看板のようなオシャレな雰囲気で、とても可愛いです。 上半分は透明のポケットが付いていて 「◯◯セミナー」などと書いたものを入れ替えることができます! これからは、イベントやボランティア、セミナーなどに自転車でお越しの方は、 この看板があるところに駐輪してくださいね。 手は動かしながらも、お話にも花が咲いて、とても楽しい活動のひとときでした。

Leave a Comment

ぱれっと【2/7(金)ぽかぽか工房の様子】

ぴーすのショーケースの模様替えを行ってくれる、 ボランティアさんの集まり「ぽかぽか工房」。 2/7のぽかぽか工房には、4人のボランティアさんが集合♪ この日の作業はショーケースに、 「第3回さかいNPO協働大賞」でいただいた表彰状と メディア取材を受けた新聞記事を飾る作業でした。 どんな風に仕上がるのか予想もつかない取材スタッフでしたが・・・。 あれよあれよと作品が生まれます。 とってもかわいい『紙製のさくら』は動画を見ながら苦戦されたとのことですが 立体的でとてもかわいく仕上がっています。 表彰状も素敵な枠を付けてもらって、さらに引き立ちました。 ぴーすにお越しの際はぜひご覧ください♪ ぽかぽか工房の皆様、ありがとうございました。

Leave a Comment

2/2防災ワークショップ in 豊能圏域家族会さま

2月に入ってすぐの日曜日。 ぴーすの防災ワークショップチームは、 なんと!?池田市まで行ってきましたよ! 主催は、大阪府精神障害者家族連合会の豊能圏域家族会さま。 実は!同じ団体の、南河内圏域家族会さまには、 昨年同じ時期に呼んでいただきました。 とってもありがたいことです! 今回も、30名以上の保護者の方が集まってくださいました。 豊能圏域ということで、大阪北部地震を経験された方もいて、 大変意識の高い方が多かったです。 ワークショップも 「精神障害者の避難所での生活について考えたい!」 と声を上げてくださり、 急遽お題を変更して、活発な意見が交換されるものとなりました。 参加者の皆様にお伺いしたところ、 「危険を察知し、避難行動は出来る」 と答えた方が多く、 いわゆる「災害時避難行動要支援者」ではないことはわかりました。 でも、避難生活となると、 障害故に、大勢がいる避難所は難しい…。 避難所に行かないのであれば、どうするか? 在宅避難のポイントや車中泊の危険性などを話し合いました。 これまでは、漠然と「避難所は無理かな…」というところで 思考がストップしておられたと思いますが、 自宅の耐震基準は? 備蓄はどれくらいいる? 情報をどうやって入手する? など、具体的にやるべきことが見えてきたワークショップでした。 私たちも精神障害の方の抱える問題を知ることが出来、大変勉強になりました。 大阪府精神障害者家族連合会の豊能圏域家族会の皆様、ありがとうございました!

Leave a Comment

1/25活動の様子【しゃべり場ってこんな感じ!】

当事者の方々の日常生活の小さな悩み相談から、 趣味や余暇活動を共感し合う場としている【しゃべり場】。 1/25のしゃべり場は、参加者さんが増えました! 第1期の方はすでに社会人となり、新しい参加者さんのお顔がちらほら増え始めています。 最初は緊張感が漂うのですが、時間の経過とともにリラックスされていく様子が伝わります。 基本的には皆さんがゆっくり過ごしていただくことが一番です♪ 2時から始まる【ミーティング】 これがポイントになります。 自己紹介・最近会ったことなど自由に発表します。 そこでわーっと、皆さん仲良くなっていくんです!(^^)! ミーティング後はフリータイム。 カードゲーム・将棋・トランプなどで遊んでいらっしゃいます。 一人で静かに過ごされる方もいます。 3:30頃より、その日の感想をメモに書いていただき、それを貼って新聞を作ります。 これが【しゃべり場新聞】です。 そのあと、みんなでかたづけをして写真撮影。そして終了となります。 初めての方も大歓迎!!!気になる方はぜひ見学に来てくださいね♪ ★☆しゃべり場とは?☆★ 毎月第4土曜 13:00~16:00に実施している、【本人のためのプログラム】です。 発達傷害などのある学齢期~成人当事者がご参加いただけます。 「いつでも誰でも自由に」のスタイルで、 当事者の方々の日常生活の小さな悩み相談から、 趣味や余暇活動を共感し合う場として開催しています。 時間内であれば、何時に来て何時に帰ってもOKなフリースタイル制! おやつや昼食の持ち込みもでき、お申込みも不要です! お気軽にご利用ください。

Leave a Comment

1/18マラソンクラブ★新メンバー参加しました!

第3土曜日はマラソンクラブの活動日です。 ぱれっとにメンバーさんがぞくぞくと集合されます。 新メンバーも参加し、今、大変盛り上がっているマラソンクラブです。 大阪府立大学の敷地内をみんなそれぞれの目標を立てて、マイペースで走ります。 走る前にはしっかりとラジオ体操もします。 活動後のお楽しみはぱれっとでのおやつタイム♪ 運動した後はお腹がすきますものね!(^^)! そのまま交流室で自由に過ごしていただきます。 マラソンクラブはどなたでも参加いただけます。 僕も!私も!と思われる方は、どうぞお気軽に見学に来てください♪

Leave a Comment

第3回さかいNPO協働大賞★メディア取材を受けました!

さかいNPO協働大賞 表彰式のあと、 朝日新聞、サンケイリビング新聞社の取材を受けました。 理事長の小田より、 コミュニケーションに課題を抱える 発達障害をもつ児童・生徒に向けたワークショップ の取り組みについてお話しました。 本ワークショップは、平成20年から続けてきた中で、毎回進化をとげてきました。 これからも子どもたちにとって必要なことを届けられるように、 様々な団体と協働しながらよりよいワークショップにしていきたいと思います。 最後に、 「子どもたちが自信を持って社会に出て行けるように支えていきたい」 という話していました。 私たちぴーすのエンドユーザーはいつも「障がいを持つ子どもたち」。 障がいを持った子どもたちが社会の一員としてキラキラ輝く社会になるように、 これからも頑張っていきたい!という決意を新たにした授賞式でした! なお、今回の取材に関しまして、 〇朝日新聞     … 1/30の朝刊にて掲載 〇サンケイリビング … 3/13号(12・13日配布)のリビング大阪みなみ版に掲載予定 です。 皆様、是非ご覧ください。

Leave a Comment

第3回さかいNPO協働大賞、表彰式に行ってきました!

12月にお知らせいたしましたとおり、1/29(水)にフェニーチェ堺にて行われた 第3回さかいNPO協働大賞表彰式に行ってきました~! ぴーすは、NPO法人えんぱわめんと堺/ES、 堺市発達障害者支援センターアプリコット堺との協働で行っている 「子どもコミュニケーションワークショップ」 について応募し、特別賞をいただきました!! ぴーすの他には、大賞を受賞された泉北レモンの街ストーリーさま、 ぴーすと同じく特別賞を受賞された大阪府立大学ボランティア・市民活動センターさま。 いずれも特色を活かし、多彩な協働先と地域課題の解決や社会貢献活動のモデルとなる事業をされていて、 そんな2団体さまと共に、この賞をいただけたことを大変嬉しく思いました! 表彰式後の写真撮影では、笑顔がいっぱい溢れていましたよ♪

Leave a Comment

FX