堺最大級NPO情報発信サイト さかい Com*Com

さかいCom*com

堺市内で活動しているNPO団体の情報発信ポータルサイト"さかいCom*Com"です。

sakaicomcom

▼ NPOって何だろう?

▼ どんな活動をしてるの?

test
sakaicomcomlogin



いつも弊所の活動にご参加、ご協力いただき、誠にありがとうございます。


新型コロナウイルス感染症の急激な拡大防止のため、
堺市より「地域活動支援センターぱれっと」は、
堺市からの通知を受け、臨時休業しておりましたが、


令和2年5月26日(火)より再開


することとなりました。



○ご利用時の注意点○
・熱や咳、倦怠感、体調に異変がある方は、ご利用をお控えください。
・入館時に手指の消毒をお願いいたします。
・利用中はお互いに1~2メートル程度の距離を広げてください。
・近距離での会話や互いに接触しないようにお気を付けください。
・施設が混み合う場合は、入場制限を実施いたします。


感染拡大防止のため、あらかじめご了承ください。





新型コロナウイルスの感染拡大で、見通しが立たない毎日。


それでも社会で頑張っている人々に、
障がい児とその家族から「ありがとう~!がんばって~!!」のプレゼントをしよう
ということで始まった本プロジェクトですが…


ついに!


ついに!!!


第2弾のアートが完成しました!!!!!







今回も、
一人ひとりの気持ちが集まることで、
一人ではたどり着けなかった世界
が完成しました。


素敵な作品をたくさん送ってくれて、
本当に、本当にありがとうございます。


次はこの気持ちを、保健センターで頑張っている皆様へお届けします。


そして、


社会で頑張っている人々に、
障がい児とその家族から「ありがとう~!がんばって~!!」のプレゼントをしよう
プロジェクトは、


第3弾の実施が決定いたしました!!


応募方法は、第1弾、第2弾と同じで、


「小さなアートを作って、写真にとって、ぴーすにメールで送るだけ」



第1弾、第2弾にご応募いただいた皆様や、
皆様のお友達、ご家族のご参加をお待ちしております。



複数作品の応募も大歓迎です。


応募の詳細はコチラをご覧ください。

http://p-s-sakai.net/CMS/00043.html


ステイホームはまだ続きますが、
みんなでアートを作って、楽しく乗り切りましょう♪



第2弾のプロジェクト動画は、コチラ




平素は、弊所の活動にご参加、ご協力いただき、誠にありがとうございます。



新型コロナウイルス感染症の急激な拡大防止のため、堺市より
地域活動支援センターぱれっとは、


【5/31まで臨時閉所の延長継続】


が決定いたしました。



それに伴い、以下のプログラムが中止となりました。


【中止プログラム】
5/9 しゃべり場2
5/15 ぽかぽか工房
5/16 鉄道クラブ
5/23 しゃべり場


プログラムの開催ならびに、居場所としてのご利用を
楽しみにされていらしゃる皆様には大変申し訳ございませんが、
ご理解・ご協力をお願いいたします。



情勢によりましては、閉所期間が延長される可能性もございます。
再開時期に関しましては、ホームページ等でお知らせいたします。



新型コロナウイルスの感染拡大で、見通しが立たない毎日。


それでも社会で頑張っている人々に、
障がい児とその家族から「ありがとう~!がんばって~!!」のプレゼントをしよう
ということで始まった本プロジェクトですが…


ついに!



ついに!!!



第1弾のアートが完成しました!!!!!



一人ひとりの行動は小さなものかもしれない。
でも、みんなで力を合わせることで、世界が変わっていくんだ


ということを感じて頂きたいと思います。


外に出て思いっきり遊びたい気持ちを抑えて、自粛してくれている 子どもたち
家事や育児、お仕事と、平時の何倍もの大変な日々を支えている ご家族の皆様


素敵な作品をたくさん送ってくれて、
本当に、本当にありがとうございます。



次はこの気持ちを、保健センターで頑張っている皆様へお届けします。



そして、
社会で頑張っている人々に、
障がい児とその家族から「ありがとう~!がんばって~!!」のプレゼントをしよう
プロジェクトは、



第2弾の実施が決定いたしました!!



応募方法は、第1弾と同じで、
小さなアートを作って、写真にとって、ぴーすにメールで送るだけ


贈呈先は、堺市の保健センターになります。

第1弾にご応募いただいた皆様や、皆様のお友達、ご家族のご参加をお待ちしております。


ステイホームはまだ続きますが、
みんなでアートを作って、楽しく乗り切りましょう♪



「障がい児とその家族から「ありがとう~!がんばって~!!」のプレゼントをしよう」企画に

たくさんのご応募をいただき、ありがとうございます!


いつもはぴーすの室内掲示やショーケースを飾ってくれている

クラフト系ボランティア「ぽかぽか工房」メンバーの力を借りて、

より素敵なアートになりつつあります。


途中経過を少しだけですが、ご紹介いたします。


本プロジェクトは、第2弾が進行中!

まだまだ作品を募集しています。


お家で自粛を守りながら、社会で頑張る人々に応援を送る

この活動を、お友達にもお知らせいただけると嬉しいです!



途中経過の様子はコチラから

(ぴーすのFacebookが開きます)




堺市内の太陽パーツ株式会社さまより、
マスク をいただきました。


本当に助かります‼️


関係者の皆さま 寄贈いただき、
本当に、本当にありがとうございます。


子どもたちのために、大切に使わせていただきます!




休校、緊急事態宣言と、みなさんを取り巻く環境が大きく変わり、
巣ごもりの毎日。
テレビやSNSでは、気が重くなる情報ばかり。
だから!
こんな時だからこそ、前を向きたいな、支え合いたいな・・と思い、
ぴーすでは、


障がい児親子が参加する
「応援メッセージ・アート」を製作


することにしました。



作品のテーマは、


「今がんばっている保健センターへ」送る応援メッセージ・アート


です。



内容はとても簡単!


「小さなアートを作って、写真にとって、ぴーすに送るだけ」


アートは、なんでもOK! 1人複数の応募もOK!!
絵、工作、書道、写真などなど、お子さんといっしょに作った作品を
写真に撮って、ぴーすへ届けてくれませんか。


その写真を使い、ぴーすで「大きなコラージュ作品」に仕上げます。


コラージュ作品は、紹介動画とともに、ぴーすFacebookにアップします。



【応募要項】


・作品は、縦横自由です。
こちらで大きさを補正して、コラージュしていきます。
あらかじめご了承ください。


・作品写真のご応募、ご不明点等のお問い合わせは、
こちらのメールアドレスまで。
p-office@p-s-sakai.net


件名を「小さなアート」として
本文に「居住区」、「お子さんの学年(年齢)」、「掲載する名前」を記載ください。


※名前はニックネームやイニシャルでもOK。
居住区やお名前は、作品中や写真撮影時に入れ込んでもOK。



・作品の〆切、第一弾は4月24日(金)です。
様子をみて、第二弾・第三弾と継続もします。


皆様のご応募、お待ちしております。




平素は、弊所の活動にご参加、ご協力いただき、誠にありがとうございます。



新型コロナウイルス感染症の急激な拡大防止のため、堺市より
地域活動支援センターぱれっとは、


【5/6まで臨時閉所の延長】


が決定いたしました。



それに伴い、以下のプログラムが中止となりました。


【中止プログラム】

4/3・17 ぽかぽか工房

4/4・5/2 マラソンクラブ

4/11 しゃべり場2

4/14 不登校かふぇ ゆるり

4/18 鉄道クラブ

4/22 わくわくワーク

4/25 しゃべり場


プログラムの開催ならびに、居場所としてのご利用を
楽しみにされていらしゃる皆様には大変申し訳ございませんが、
ご理解・ご協力をお願いいたします。



情勢によりましては、閉所期間が延長される可能性もございます。
再開時期に関しましては、ホームページ等でお知らせいたします。



なお、支援グッズを扱う「ぽっしぇ」のお店は、ご利用いただけます。
ご来店の際は、インターフォンにてお知らせくださいませ。



毎年呼んでいただくはるかさんに、
サポートブック講演会に行ってきました♪
なんと今年で3回目!ありがたいことです。


参加してくださったのは7名。
皆4月から新しい環境にお子さんを送り出す予定だそうで、
とても熱心に聞いてくださいました。



作成方法はさまざまありますが、
いずれもポイントは


「視覚的・具体的・肯定的」!



どうしてもお母さんが書くと、
「あれも出来ない、これも出来ない…」となりがちですが、


そうすると支援者は
「何をどこまで手伝ったらいいんだろう?」
とわからなくなります。



書き方1つで
「そうなんだ!ではやってみよう!」
と前向きに思ってもらえるはず!



サポートブックを作るのはとっても大変だと思いますが、
コツコツ頑張ってもらいたいと思います。



最後に講師やはるかの職員さんが作ったサポートブックや、
色々なサポートブック例を見ていただきました。


素敵なサポートブックが完成しますように!!




2月末は講師陣も大忙し!


まずは小田理事長が2/25に、
社会福祉法人南湖会さまの職員研修にお伺いしました。


テーマは「親心、母心について」。


障害のある人の支援に際し、「我が子を思う母の心境」について知ることで、
支援者として持つべき「視点」と「心」が育つことを目的に行われました。


講演を聞いてくださった職員の方の中には、涙する方も…。


子どもが立派に成長するために、
本人を中心に将来を考えた支援に取り組んでいきたい


という感想もいただきました。



また2/26には大阪市東住吉区にある
キンダーハイム保護者会さま主催の講演に
ぽっしぇと一緒にお邪魔してきました♪


テーマは「ことばとコミュニケーション」。



講師の体験談を交え、


コミュニケーションは双方向の支援が必要


だということをお話してきました。


母がよかれと思ってしていることが、
本人のコミュニケーションのチャンスを奪っているかも?!
には、ドキリとした方も多かったのではないでしょうか。



何を隠そう、

講師の先輩母もそうやって子育てをして、
そうじゃないんだと学びつつ、
試行錯誤しながら今があります。


先輩母だからこそ伝えられる
具体的なエピソードや支援方法、支援グッズの使い方などを
お届けできたことはよかったなと思いました。



講演後は、ぽっしぇの支援グッズ体験会&販売会!
忙しすぎて写真がない…!くらい、大盛況でした。