Posts Tagged ‘座談会’

【5/6まで】地域活動支援センターぱれっと臨時閉所延長のお知らせ

平素は、弊所の活動にご参加、ご協力いただき、誠にありがとうございます。 新型コロナウイルス感染症の急激な拡大防止のため、堺市より 地域活動支援センターぱれっとは、 【5/6まで臨時閉所の延長】 が決定いたしました。 それに伴い、以下のプログラムが中止となりました。 【中止プログラム】 4/3・17 ぽかぽか工房 4/4・5/2 マラソンクラブ 4/11 しゃべり場2 4/14 不登校かふぇ ゆるり 4/18 鉄道クラブ 4/22 わくわくワーク 4/25 しゃべり場 プログラムの開催ならびに、居場所としてのご利用を 楽しみにされていらしゃる皆様には大変申し訳ございませんが、 ご理解・ご協力をお願いいたします。 情勢によりましては、閉所期間が延長される可能性もございます。 再開時期に関しましては、ホームページ等でお知らせいたします。 なお、支援グッズを扱う「ぽっしぇ」のお店は、ご利用いただけます。 ご来店の際は、インターフォンにてお知らせくださいませ。

Leave a Comment

不登校のおしゃべり会 改め、不登校かふぇ「ゆるり」

昨年12月からスタートした不登校のおしゃべり会、 ようやく2度目の開催となりました。 今回も大好評でした! そして、このおしゃべり会のネーミングが決定!!! その名も、 不登校かふぇ【ゆるり】 です。 【ゆるり】とは・・・ ゆるっとしたイメージと「いろり」という意味を兼ねて。 ゆるり(=いろり)を囲む雰囲気の中で、 ゆっくりと会話を楽しんでいただきたいです。 2/12(水)は3名の方が参加されました。 様々な年齢、違った環境の中で生まれた「不登校」について 語り合いました。 正解を求めるのはではなく、 「発散」「ストレス緩和」「子どもの気持ちに寄添う」 をテーマに、お話は尽きませんでした。 ご参加いただき、ありがとうございました。 【ゆるり】が、気分転換やリラックスできる空間になるよう、 スタッフやファシリテーターがお手伝いできたらよいなぁと…。 運営一同、そう思っています。 興味のある方も、是非参加してみてください。 お昼持ち込みで、そのままゆっくりしていただくのもOKです♪

Leave a Comment

12/10 ぴーすがお送りするおしゃべり会『発達障がいをもつ子どもの不登校』

12/10にぴーすがお送りするおしゃべり会 『発達障がいをもつ子どもの不登校』 を開催しました。 前半は、ゲスト講師としてお招きした 堺市発達障害者支援センター「アプリコット堺」 中條(ちゅうじょう)淳博さん からお話をうかがいました。 まず「不登校」といわれるものの複雑さや現状について、データをもとに説明していただきました。 そして、アプリコット堺では主に成人の方の支援をしておられるということで、 不登校~引きこもりを経験しながらも、立派に就労されている成人の方の事例をご紹介いただきました。 親としては、子どもの将来像が描けずとても心配になりますが、 ・中学や高校に進学するタイミングで行けるようになる子どもも多い ・特に高校からの進路の選択肢はとてもたくさんある ことがわかりました。 成人の方の事例からも、利用できる福祉サービスがいろいろあることとわかり、 少し安心されたのではないかと思います。 大切なのは、 ・不登校の状態でも子どもが『認められている』 ・『困ったときは周りが助けてくれる』という感覚 ・親としては、外に目を向けてみるという視点 だそうです。 今日参加されたみなさんは、 お子さんの一番の理解者 として、本当に頑張っておられる様子でした。 お忙しい中でも今日のようなセミナーにも出向いてこられていて、 中條さんからも『OK』をいただきました。 午後はお弁当を食べながら、おしゃべり会♪ 家での過ごし方、きょうだいとの関係、 親族との関係、先生との関係、 自分の気持ちのもっていき方 etc… 話したいことは、たくさんたくさんありました。 が、しかし。 1時間延長して残ってくださった方はけっこうお話しできたのですが、 予定時間で帰られた方は全く話し足りなかったですよね~(申し訳ない!!) お子さんの状況で今日ご参加できなかった方もおられますので、 この企画、近いうちにまた絶対やりたいと思っています!!! 最後に、参加してくださった方の感想をご紹介しておきます。 「アプリコット堺のことを知れてよかったです」 「高校からの進路の選択肢がたくさんあることがわかって安心しました」 「同じ思いをしている人たちと話せてよかったです」 参加してくださったみなさん、ありがとうございました。 それでは、次回をお楽しみに〜♪

Leave a Comment

11/15「先輩母に聞いてみよう!思春期男子のリアル」★プログラム報告

11/15に、ぱれっとのプログラムとして、 「先輩母に聞いてみよう!思春期男子のリアル」 を開催しました。 高校生の先輩母を迎え、ゆっくりじっくりお話出来る座談会です! 7名の保護者が参加されました! ある利用者さんから、 「思春期の男の子って難しい。同年代のお母さんと話したい」 というつぶやきを聞き、わーかーるー!!と盛り上がったCBチームが企画! タイトルの通り、リアルな悩みがいっぱい出てきました。 友人関係のこと、 将来の進路のこと、 そして母には未知の世界~男の子の性の話まで! 母にはわからないので、父になんとかしてもらいたい!と伝えるが、 「そのうちわかるやろう」などはぐらかされて、全然教えてくれない!という家庭が多かったです。 実は… お父さんも誰かに正しく学んだわけではなく、友人などからなんとなく得た知識だった。 自己流?!だから自信がないのかもしれないですね?という話になり、皆さん「そっか~」と思えたようです。 色々な書籍が出ているので、 ご本人はもちろん、お父さんとも一緒に読んで学ぶのもいいね! という話になりました。 頂いた感想の一部をご紹介します! ●年齢の近い男子の母限定だったので、とてもよかったです。 ●色々みなさんの話が聞けてよかったです。明るく爽やかに言葉がけしていこうと思います。 ●子どもの自己肯定感を高めてあげるのが大事なんだなぁと改めて思いました。 ●同じ想い、悩みを共感出来るひとときでした! ●ぶっちゃけトークがとても身近でわかりやすく、ためになりました。 高校生母からは体験に基づいた対応法をたくさん教えてもらいました。 時間はあっという間に過ぎ、皆さん「話し足りない!」という感じ! 是非第二弾も!というお声をさっそくいただきましたよ♪ また企画していきたいと思います~!お楽しみに☆

Leave a Comment

FX