Posts Tagged ‘セミナー’

ぽかぽか工房【配架のチラシが見やすくなりました】

まだまだ暑い日が続きますが、 子どもさんの園や学校は軌道に乗ってきましたね。 ようやくおかあさんの時間が少しできました。 ぽかぽか工房の皆さんはその貴重な時間で、 アート製作の活動をしてくださいました。 ぴーす入り口にあります、チラシ等の配架の棚。 みなさんご存じですか? とってもきれいな見出しをつけてもらうことで、 よみがえりました★★ カラフルで心がフワッとする感じがします。 みなさんも是非ご覧になってください♪ 気になる資料はお持ち帰りくださいね。

Leave a Comment

8/30​み・らいずスクールさまZOOMセミナー「園・学校の先生との付き合い方」

8月30日(日)、北区の児童発達支援・放課後等デイサービス『​み・らいずスクール』さまより セミナー講師のご依頼を受け、2名でお伺いしました。 こちらでは、4月から毎月保護者セミナーをzoomで行っておられ、 保護者の方々にもzoomが浸透しているご様子でした。 すごい! 8月のテーマは、 「園・学校の先生との付き合い方」 このテーマは過去、ぴーすのセミナーでも、しばしば取り上げてきたものです。 支援が必要なわが子にとって、園や学校の先生は頼みの綱… 私も、どんな先生が担任かによって、 その1年が決定づけられるような気がしたものです。 でも、 先生に過度な期待を寄せて、 お願いばかりするのはどうなんでしょう? セミナーでは、 「先生」の実態に迫ったリアルなアンケートをご紹介し、 一人の生活者としての先生を想像しつつ、 先生と良好なコミュニケーションをとるポイント をお話しました。 また、 ●園・学校の先生から次のステージでの先生へ支援を「つなぎ」、 わが子を取り巻く医療・福祉分野の支援者とも 情報を共有して支援を「広げ」ること ●「チームで子どもを支援する」こと をお話しし、それに役立つ『あい・ふぁいる』を紹介させていただきました。 ※過去の「あい・ふぁいる」セミナーのブログはコチラ 締めくくりとして、『み・らいずスクール』さまの取り組みを紹介されましたが、 担当者会議で園・学校の先生など他機関と密に連携されていて すばらしいと感じました。 いまどきのzoomセミナーを体験させていただき、 とてもよい経験になりました。 み・らいずスクールのみなさま、 ありがとうございました!

Leave a Comment

8/29開催【放課後デイサービスってどんなところ?】セミナー

就学前のお子さんを持つ保護者向けのセミナー 「放課後デイサービスってどんなところ?」 当日は、6名のお母さんが参加されました。 ●児童発達支援と放課後デーサービスの違いは? ●複数個所に通わせるほうがよいの? ●送迎事情は? ●選び方のコツは? などなど・・・ たくさんの質問があがり、 専門のスタッフより丁寧に説明をさせて頂きました。 同時に子育ての悩み、数年後の我が子の様子を想像してみる時間などもあり、 5年後・10年後・15年後、 子供の姿から今、何をしたらいいのか? など、お話は尽きることがありませんでした。 最初は緊張感もありましたがセミナーが、 終わるころにはママ同士でお話をされるといった ほっこりした様子もうかがえました。 参加された皆さん、お疲れさまでした。

Leave a Comment

7/17 「先輩母に聞いてみよう!中学校卒業後の進路」第二回 開催しました〜♪

7月17日(金)は特別プログラム「中学校卒業後の進路」第二回 を実施しました。 この日お招きしたぴーすのボランティアである先輩母は、三人のお子さんのうちお二人に特性があり、 それぞれ泉北高等支援学校、西成高校(エンパワメントスクール)をご卒業されました。 そのお二人の高校についてはもちろん、就学前から現在までどのように進路選択をしてこられ、 どのように過ごしてこられたのか、じっくりお話をうかがいました。 現在長女さんは、21歳で支援学校卒業後からスーパーの品出しのお仕事に就き三年目。 全てを受け入れてくれている彼と二人で同居中とのこと! 次女さんは、18歳で保育士を目指し、専門学校で勉強中♪ とにかく盛りだくさんのお話でしたが、私が特に印象に残っているのはお二人とも、 自立に向けて着実に成長されているところです。 東京ディズニーランドが好きでよく女三人で旅行に行くが、宿泊費、食費その他すべて、 それぞれが自分で貯めたお金で!という徹底ぶり。 長女さんは職場の上司とうまくいかない時には高校の先生に自ら相談して解決されているし、 彼との生活において、特性ゆえに苦手な片付けやお掃除に対しては福祉サービス(家事援助)を導入。 「母がいなくなっても生きていける子になってほしい」という強い信念をお持ちで、それを体現されていることが本当にすばらしいと思いました。 しかしこんなお二人でも、小中学校の頃はとてもこんな風になれるとは思っておられなかったとのこと。 確かに、不登校を経験されていたり、特に学習面はお二人とも支援を要する状態でした。 そんな中、上手にお子さんの得意なところを生かしながらモチベーションを高めるように寄り添い続け、積極的に先生にもコンタクトをとられてきたのがよくわかりました。 参加者の方々からは 「実践的な内容でとてもよくわかりました」 「とても希望がもてるお話でした」 「子どもの希望を大切にしていきます」などの感想をいただきました。 さて、具体的な高校選び!ですが、これから少しずつ学校説明会が開催される予定ですので、ぜひ実際にパンフレットを手にとり現地に足を運んでみてくださいね。 最後に… この日はお話が出ませんでしたが、このお母さんはこのお二人の特性のことや、それまでの歴史を『あい・ふぁいる』に、それはそれはきちんと整理されていて 「母がいなくなっても自分のことをわかってもらえるように」備えておられるんですよ! この『あい・ふぁいる』のセミナーも秋以降に開催いたしますので興味のある方はお越しくださいね。 *『あい・ふぁいる』についてはこちらをご覧ください。 https://www.city.sakai.lg.jp/kosodate/hughug/taishou/shogai/guidebook/

Leave a Comment

7/15 情報かふぇ『ほっと』

先日、今年度初めての”情報かふぇ「ほっと」“を開催しました! ほっとは「障がい児育児について情報が知りたい」「福祉サービスについて知りたい」 「先輩母とおしゃべりがしたい」などのご要望におこたえし、2ヶ月に1回OPENします♪ 先輩母たちと近況やお悩みなど、ざっくばらんにおしゃべりしながら、 障がい児者育児の”HOTな情報が手に入る場所”であり、”ほっと一息できる場所“となれることを目指しています。 今回もソーシャルディスタンスに配慮した大きなテーブルを囲んでの座談会でしたが、 心の距離はとっても近くて、様々な話題が出ました。 コロナ禍のお子さんの様子や思春期、不登校、きょうだい児、問題行動への対応などなど…、 話が尽きることなく、2時間あっという間でした。 最後に「最近ふぁにぃでもzoomを使ったセミナー情報が多いよね」という話から、 zoomの使い方レクチャーまで! こんな「ちょっと聞いてみたい」ということを気軽に聞いて、 自分の話や他の人の悩みを一緒に考え、おしゃべり出来るのも、ほっとのいいところ♪ 次回は、 9/16(水)10:30~12:30 の開催を予定しています。 気になる!参加してみたい!という方は、是非お問い合わせくださいね。

Leave a Comment

【地域活動支援センターぱれっと】交流室を模様替えしています♪

地域活動支援センターぱれっとでは、 コロナ感染防止対策として、3密を避けるため 交流室を模様替えしています。 以前より部屋を広く使って、 みんなが座っても「人との距離がとれる」ようにテーブルを配置しました。 立ち寄る子どもたちのための『おもちゃ』も、部屋の一部に用意しています。 この模様替えを機会に、 ぱれっとの情報コーナーを大きく変更することにしました。 ポイントは3つ。 ①堺市内の関係機関などのパンフレットを、いつでも持ち帰られるようにする ②堺市や近辺のサービス事業所のパンフレットを、たくさん閲覧できるようにする ③貸出図書をバージョンアップして、ミニ図書館を開始する 今年度一年かけて、順次整備していく予定です。 さて先日、わくわくワークの作業で、 ミニ図書館の整備してもらいました。 今ある書籍を整備しなおして、テーマごとに棚に並び替え!!! とてもスッキリしました。 整備してくださったボランティアさん。 ありがとうございました。

Leave a Comment

6/24 「先輩母に聞いてみよう!中学校卒業後の進路」第一回 開催しました〜♪

6月24日(水)、 「中学校卒業後の進路」と題した特別プログラムを実施しました。 講師役は、ぴーすのボランティアとして活躍中の先輩母たち。 私たち親の世代は、 進学といえば公立高校が主流で、 学区も決まっていたので、 成績で自動的に行く高校が決まっていましたが、 今や学区が撤廃され、 私立高校も授業料の助成があるおかげで選択する人が多くなりました。 また高校以外にも、 職業学科のある高等支援学校、 高等専修学校、 通信制の高校など、 障がいがあっても行ける学校がとても増えています。 ということで、前半は中学校卒業後の進路いろいろを紹介〜。 さらに就労に向けての支援機関についても少しお話し、 けっこうボリュームもある複雑な内容でしたが、 みなさん、集中して聞いてくださいました。 後半は、たまがわ高等支援学校、堺支援学校高等部を それぞれご卒業されたお子さんの保護者(先輩母)2名から、 受験の様子や学校生活についてお話していただきました。 体験談の後は、小学生と中学生の2グループに分かれて、直接質問タイム。 これまた熱の入った時間になり、 いざ具体的な進路を決めないといけない中学生グループは、 まだまだ時間が足りないご様子でした。 最後は、中3の受験生母から、 これまで具体的に、どのように準備を進めてきたか? を話していただき終了。 「進路選び」は、 単に進学する学校を選ぶのではなく、 その先の「生き方選び」 ともいえます。 先輩母の立場である私たちもまだまだ悩みながら…の日々ですが、 親は『指揮官』ではなく 「その子がやりたいことを応援する」応援団の 『応援団長』になれたらいいのかな と思っています。 進路セミナーは、7月17日に第2弾として、 また新たな先輩母をお招きして開催します。 次回のご参加もお待ちしております。 (すでに定員に達しており、以後のお申し込みはキャンセル待ちとなります。ご了承ください。)

Leave a Comment

【5/6まで】地域活動支援センターぱれっと臨時閉所延長のお知らせ

平素は、弊所の活動にご参加、ご協力いただき、誠にありがとうございます。 新型コロナウイルス感染症の急激な拡大防止のため、堺市より 地域活動支援センターぱれっとは、 【5/6まで臨時閉所の延長】 が決定いたしました。 それに伴い、以下のプログラムが中止となりました。 【中止プログラム】 4/3・17 ぽかぽか工房 4/4・5/2 マラソンクラブ 4/11 しゃべり場2 4/14 不登校かふぇ ゆるり 4/18 鉄道クラブ 4/22 わくわくワーク 4/25 しゃべり場 プログラムの開催ならびに、居場所としてのご利用を 楽しみにされていらしゃる皆様には大変申し訳ございませんが、 ご理解・ご協力をお願いいたします。 情勢によりましては、閉所期間が延長される可能性もございます。 再開時期に関しましては、ホームページ等でお知らせいたします。 なお、支援グッズを扱う「ぽっしぇ」のお店は、ご利用いただけます。 ご来店の際は、インターフォンにてお知らせくださいませ。

Leave a Comment

ぴーすの【あい・ふぁいる活用セミナー】★大盛況でした!

1/11、ぴーすの第4回あい・ふぁいる活用セミナーでした。 お子さんが体調を崩しやすい真冬の時期でしたが、 みなさんお元気なご様子で来ていただけました~ あい・ふぁいるの概要を説明させていただいた後は、各自記載… 少し書きにくい「生い立ち」のシート(※本文最後で補足説明します)と 「年表」、「相談の記録」あたりを書き、 あとはトークで盛り上がりました♪ 今日サポートに入ったスタッフは、 お子さんが社会人として立派に自立されている『超』先輩母☆ 年金申請のことや、就労に関連するお話。 そして、 そんな先輩にも、 将来のことなど全く想像できず日々過ごすことで精一杯の時代があった というお話も聞けました。 また、みなさん同士でも 「保健センターの健診はどうするか?」 「予防接種をスムーズに受けられる病院は?」 みたいな話題で活発に情報交換をされていました。 参加された方の感想を一部ご紹介します。 ・書いておくべきポイントなどわかりやすく、とてもためになりました。 ・小学校入学前に受けてよかったです。 ・コツコツ作っていきたいです! ・あい・ふぁいる作成以外にも先輩ママの話を聞けてとても良かったです。 ・もっと皆様とお話する時間があれば良かったな、と思いました。 ・またセミナーがあればぜひ参加したいです。 今回のセミナーで令和元年度のぴーすのセミナーは終了しましたが、 引き続き、出前セミナーの要請にはお応えできます! 学校園、事業所や、お友達同士で4名以上集まられましたら、どうぞお申しつけください。 ▼お問い合わせはコチラ▼ http://p-s-sakai.net/inquiry/index.cgi 皆様、ご参加いただきありがとうございました♪ ご興味を持たれた皆様、ご参加をお待ちしております☆ ※「生い立ち」シートについて、補足説明します~ あい・ふぁいるで使用する「生い立ち」シートは、 母子手帳を見て発達の様子などを記載します。 記載がなかったり記憶もあやふやな場合は、 この機会に「〇カ月」!と決めてしまうか「不明」でOKです!

Leave a Comment

第3回さかいNPO協働大賞、特別賞受賞が決まりました!

堺市では、 市民活動団体と多様な主体(地域、企業、地域金融機関、大学等)が、 それぞれの強みを活かしながら連携・協働し、 公共の担い手として活躍できる社会をめざし、 地域課題の解決や社会貢献を目的とした市民活動団体と多様な主体の協働による事業 を募集し、応募された事業の中から2つの市民活動団体を表彰しています。 今年度ぴーすは、 NPO法人えんぱわめんと堺/ES、堺市発達障害者支援センター、アプリコット堺との協働で行っている 「子どもコミュニケーションワークショップ」について応募し、 見事!特別賞をいただくことになりました~!! 子どもコミュニケーションワークショップは、 ・お友だちづきあいが難しい ・集団生活が苦手 ・思うことをうまく伝えられないなど、 コミュニケーションや対人関係に「しんどさ」を抱えたお子さんに、楽しみながら学んでもらう体験型のワークショップです! ロールプレイなどを通じて、自分自身の気持ちや体の変化について受け入れ、 人との境界線やコミュニケーションについて学んでもらいます。 えんぱわめんと堺/ESとは、平成20年から協働を開始。 社会情勢にあわせ、お互いに協力しながら、コツコツと続けてきました。 そのワークショップが、堺市に評価してもらえたこと とてもうれしく思います。 授賞式は1月だそうです。楽しみです~♪

Leave a Comment

ぴーすの【あい・ふぁいる活用セミナー】11/6

11/6は、第3回あい・ふぁいる活用セミナーでした。 生まれた時から発達相談に至った経過等、お聞きしながらどんどん書き進め、まだ年齢が小さいこともあって、この日でほぼできあがりました〜☆ 残り小1時間は、偏食や多動などお子さんの気になることについておしゃべり♪ 思い起こせばこの時期、私たちもほんとに子どものことがわからずに困り果てたりイライラすることがしょっちゅうで… 一番大変な時期でしたよ〜。 支援機関に出向かれるときはぜひ、あい・ふぁいるを持参して見てもらい、たくさんの人とつながってほしいです♪ 参加された方の感想です。 「あい・ふぁいるの書き方をはじめ、たくさん話も聞いていただき、安心することができました。アドバイスありがとうございました。」 次回は、2020年1月11日(土)です。 みなさんのご参加お待ちしています。 【申し込み方法】 電話かメールでお申し込みください。 TEL:072-250-9060 もしくは、 メール:p-office@p-s-sakai.net 件名:「あい・ふぁいる1/11分」 本文に ・参加者名 ・お子様のお名前 ・学年(年齢) ・所属(学校名、園名など) ・電話番号 を記載の上、お申込みください。 ところで今日、サポーターとして参加してくださったぴーすの支援者さん。障がいのあるお子さまがもう成人されているとのことで『大人用あい・ふぁいる』をお渡しさせていただきました! あい・ふぁいるは、一生使えるものなんですが、幼児~学齢期の使用を中心に構成されているため成人になった時や親なきあとに使う場合は少し足りない部分もあるのです。 そこで、まだ改良の余地を残しながらではありますが、学齢期までの時代の書式をコンパクトにまとめ、成人期の書式をパワーアップさせた『大人用あい・ふぁいる』を数年前にぴーすが独自で作りました。 何冊かは常備してありますので、ご興味がある方はぴーすまでお問合せくださいね~。 ↓ こちらが『大人用あい・ふぁいる』です。

Leave a Comment

FX