Archive for the ‘【あいすて】ぴーすの連続勉強会’ Category

ぴーすの連続勉強会第9回目【ことばとコミュニケーション】

2月12日(火)にいよいよ9回目となりました連続勉強会を開催いたしました♪ 今回は、「ことばとコミュケーション」がテーマということで、 まだまだ子育て中の先輩母である講師母たちも 果たして我が子とちゃんとしたコミュニケーションがとれているのか、 言葉の発達に関しても小学校高学年や中学生になったとはいえ、 まだまだ不安を抱えながらの毎日ですので、今回は参加者さんと一緒に学びたい!ということで 息子がお世話になっている言語聴覚士さんにお願いをしてお話していただくことになりました。 講師はNPO法人オルケスタの横山真司さんです♪ 言葉の遅れを気にされているお母様もたくさんいらっしゃることと思いますが、 まず言葉を何か言わせようというよりは 発達を積み上げていく段階で何らかの要因があると探ってみる事が大切です!とのことでした。 お母さんのお腹の中での胎動から、産まれてからの発声、おしゃぶり、寝返り、お座り、 ハイハイなどすべての活動が発達につながり、 まず自分の身体、心を感じて分かったうえで、はじめて相手のことを思い、 コミュニケーションを広げていきたいという気持ちが育ち、 そのツールとして言葉があるのだというお話に皆さんとても関心もって聞かれていました。 お子さん自身の発達のために大切なのは、 まず一番身近な存在である私たちが、子どもたちの感じたことに 共感していくことがとても大切です!ともおっしゃられてました♪ 連続勉強会も3月12日(火)で最終回となります。最後はお茶菓子を用意して茶話会形式で、 これまでの振り返り等を皆さんで楽しくおしゃべりできたらと思っております。 皆さんにとっていい時間になりますように♪

Leave a Comment

ぴーすの連続勉強会7回目「みんなどうしてる?身辺自立」&8回目「障がいのある子のしつけ」

今年度の連続勉強会もいよいよ残り僅かとなってまいりました。 今回は12月11日(火)に「みんなどうしてる?身辺自立」1月15(火)に「障がいのある子のしつけ」を開催いたしましたのでそのご報告です♪ 12月の身辺自立の回では、まず参加者の皆さんお一人ずつに今我が子のことでの悩みを具体的にあげていって頂き、その原因や対応策を話し合っていきました。 食事、排泄、身支度、片付け、、等々悩みは尽きませんが、参加者の皆さんの経験談の中から 「これ、いいね!」「うちでもやってみます!」というお声を聞くことができ、これも回を重ねてきたからこその関係性だなぁと嬉しく思いました。そして講師陣の中学生、小学校高学年のお子さんの成長の中での変化をお聞きすることで今の子どもの姿がそのまま続くのでなく、成長と共に変化していくということ、そしてその成長のためにはまずお子さんの何故できないかという気持ちを受けとめてあげることが大事だということを感じる事ができました♪ そして1月のしつけのお話、時節柄欠席者の方も数名いらっしゃいましたが、少人数でのグループワークをすることでより詳しくそれぞれのお話を伺うことができました。 グループワークの中では身辺自立の時のお話を踏まえて、試してみて上手くいったこと、まだまだ出来ていないことの両方をテーマに1つずつ上げていって頂きました。 中には先月の話を参考に早速実践してくださっている方もいらっしゃいました!身支度で時間がかかってしまっていたのですが、あれこれ手を出し口を出すよりもまず見守ることでお子さん自信が意欲を持って取り組んでくれるようになったそうです♪ しつけは、そのお子さんの特性や、家庭状況によっても様々かとは思いますが、大事なことは「がまんさせるためのものではなく、わかりやすい工夫をして自らコントロールする力をつけること」だということをまとめのお話の中で、皆さんと共有させていただきました。わかりやすい工夫等でお子さん自信のハードルを下げてあげることで少しずつ褒めてあげる機会が増え、その達成感で次への意欲をもって取り組んでいけるような環境をつくってあげられるといいですね♪

Leave a Comment

ぴーすの連続勉強会6回目「うちの子の将来って?福祉・教育」

11月13日(火)に連続勉強会6回目「うちの子の将来って?福祉・教育」を開催いたしました。 まだまだ小さい我が子ですがこれからの成長とともにどんな福祉や教育を受ける可能性があるのか、どのような制度がいまあるのか等を皆さんからの質問をもとに並べて整理しながらお話させていただきました。堺市には「あいのーと」という障がいのある子どもたちのためにまとめられた冊子があります。その冊子を参考にしながら療育手帳や受給者証、受けられる医療や通える施設等などについても改めて知り、お子さま本人を中心として色んな機関を繋いでいくことが、私たち保護者にできる最大の支援であることを学びました。 繋いでいくために大事なツールとなるのが「あいふぁいる」です♪今回の連続勉強会の中でもご紹介しましたが、「あいふぁいる」  セミナーも、ぴーすでは開催しておりますのでご興味ある方はまたお申込みください。

Leave a Comment

ぴーすの連続勉強会第4回目【障がいってなあに?】&第5回目【障がい児のいる家族】

9月11日(火)に連続勉強会4回目「障がいってなあに?~障がい特性とICF」  10月16日(火)に5回目「障がい児のいる家族~きょうだい、父、祖父母の思い」が開催されました♪ 4回目は障がいの捉え方や障がいのある方と暮らすときの配慮などを先輩ママさんの体験談をもとに学びました。お子さま本人の「やりたい!」という気持ちを大切に、その周りの環境を整えることで過ごしやすさもかわってきます!お子さまの行動に対して「やりたい!」気持ちを汲み取るため、まずはプラスな捉え方をしていきましょうということで、お母様方同士、リフレーミング辞典をつかって自分自身が短所だと思うところを長所にかえて、お互いを褒め合う経験をして頂きました♪ 拍手が起きたり、発表者の方も笑顔に、、この経験を通して我が子も、まず褒めていいところ探しをしてみよう!という気持ちになっていただけたら、私たちスタッフも嬉しいです♪ 5回目は本人以外の家族がテーマ、、普段は障がいのあるお子さまを中心にして考えてしまいがちですが、その陰で我慢しているきょうだい児さんの気持ちや祖父母、ご主人に対しての関わり等を先輩ママさんの経験談を聞くとともに、グループトークで参加者の皆さんのお気持ちをお話していただきました。 私たち講師自身も少しだけ先輩とはいえ、家族のことはまだまだ悩みも多い中での日々を過ごしているので今回皆さんとお話で来たことで、またあらためて自分たち自身のことを見直すいい機会となりました。 連続勉強会は、このような形で講師も参加者さんも共に学び共に笑い、素敵な時間を一緒に過ごしています♪6回目以降途中からの参加も大歓迎ですのでぜひこの機会にご参加ください♪

Leave a Comment

連続勉強会3回目【親子交流会】

7月14日土曜日に連続勉強会3回目「親子交流会」を開催いたいました♪ いつもはお母様同士だけの勉強会ですが、今回はお子様やきょうだい児さん お父様も参加していただいて、みんなで身体を使った運動遊びを体験しました。 講師は幼稚園や保育園、赤ちゃん教室から老人ホームまで様々な世代の皆さんに 体操教室を開かれている佐藤津良先生です。 楽しく誰でも参加できるように、わかりやすくパネルを使ったり、身近な物を使って 体幹を意識した動きを教えて頂き、今後の日常にもこれなら取り入れられそう! と大好評でした!楽しく身体を動かすことでコミュニケーションも広がります♪ 夏休みも残りわずかとなりましたが、親子で楽しい時間を過ごせますように♪  

Leave a Comment

ぴーすの連続勉強会第1回目「障害受容」5/15&第2回目「先輩母との交流会」6/12

昨年度好評いただいた ぴーすの連続勉強会が今年度もスタートいたしました♪ 今回も多数申込いただき、たくさんの参加者の皆さんと共に学び、交流していけることは 私たち講師陣の喜びでもあります! 1回目は、先輩母である3名の講師のみなさんに我が子の障害受容の経緯から 今の子育てにいたるまでの様々な悩み、想いをお子さま達の写真をプロジェクターで 参加者の皆さんと一緒に見ながら お話していただきました。 はじめて我が子の障害を知った時の戸惑い、そこから前を向いて様々なことに 親子共々一生懸命取り組んで来た日々、 参加者の皆さんの今の想いと重なり、中には涙を浮かべながら聞いてくださっている方も いらっしゃいました。 第一回目の最後には、参加者皆さんそれぞれの自己紹介とともに 連続勉強会へ期待するお気持ちも 聞かせていただいて、講師たちもあらためて1年間を通して いい連続勉強会にしていきたいという 想いが強くなりました! そしてまだまだ 話したりない参加者の皆さんに 第2回目の交流会では、ぜひみんなでいっぱい おしゃべりしましょ^v^ということで、、 6月12日の第2回目の「先輩母との交流会」を迎えました♪ 第2回目は、参加者の皆さんが主役となり、それぞれ数名ずつのグループにわかれて 先輩母さんにも各グループにわかれてお話してもらう形をとりました。 まず1回目のグループ分けは、お母様自身の誕生日順♪ 子どもの悩みは置いといて、それぞれおたがいの誕生日を聞きあい 相談しながら並んでいくなかで はじめて言葉を交わし合って皆さんのお顔も自然とほぐれて笑顔が見られました♪ 各グループでのお話は、連続勉強会に参加したきっかけや想い そしてそれぞれのお子さまについてのいまの悩みについてでした。 先輩母の皆さんからはもちろん、参加者さん同士の中からも 同じ悩みを共有するだけでなく、こんな時うちはこうやったよ! こういう場合はこうしてみたらどうかなぁ、、 と お互いに悩みつつ笑顔も交えながら様々なお話を伺えたので とてもいい時間を過ごせました♪

Leave a Comment

●参加者大募集!【ぴーすの連続勉強会2018♪】

2017年度、大好評だったぴーすの連続勉強会。2018年も開催いたします♪ 2018年度もじっくり学び、話し合うことのできる、仲間づくりの場として。 幼児保護者に寄り添う勉強会にしていきたいと思います。 スタッフは皆、すこ~し先をいく先輩ママたち!本当にちょっと前まで同じような悩みを抱え、 沢山の失敗と様々な工夫をしてきた先輩ママたちの、生の声が聞けます。 是非「しんどいなぁ…」を「楽しいなぁ♪」に変えてみませんか?ご参加お待ちしています! 全10回にわたり、テーマを決めて連続して開催していきます。 講師は少し先輩の小学生の母たちで、テーマに沿った内容で体験談をお話します。 ●日程および内容: 5月15日 障害受容について 6月12日 先輩母との交流会 7月14日 親子交流会 9月11日 障がいってなぁに?~障がい特性とICF~ 10月16日 障がい児のいる家族~きょうだい・父・祖父母の思い~ 11月13日 うちの子の将来って?福祉・教育 12月11日 みんなどうしてる?身辺自立 1月15日 ことばとコミュニケーション 2月12日 障がいのある子のしつけ 3月12日 ふりかえり茶話会 ●場所:NPO法人ぴーす 交流室 ●時間:10:30~12:00 ●講師:少し先輩のママさんたち ●定員:20名 ●参加費:無料 ●申込み:定員がありますので、必ず申し込みをお願いします。 「件名:連続勉強会」とし、本文に ・参加される方のお名前 ・お子さんのお名前 ・お子さんの所属、学年、年齢 ・お子さんの障がい等の種別、特性を明記してください。 (1)メール:p-office@p-s-sakai.net (2)FAX:072-250-9061(ぴーす事務所) (3)ネットから:セミナー申し込みフォーム http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P70408344 ※駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。 お車で来られる方は、周辺のコインパーキングをご利用ください。 ●お問い合わせ:NPO法人ぴーす 電話:072-250-9060 (時間10:30~16:30)

Leave a Comment

ぴーすの連続勉強会第10回「ふりかえり茶話会」3/1

2017年度復活した、連続勉強会。 1年間夢中で駆け抜けて…気がついたら最終回です!! あっという間でした~。 第1回から第9回までを皆さんと一緒にスライドでふりかえりました。 あっという間だと思っていたけれど、スライドを見るとなんだか懐かしいような。 参加者の皆さんも笑顔で振り返っていました。 その後は参加者の皆さんから寄せられた質問などについて、 講師からお話がありました。 その後はお茶とお菓子でワイワイ茶話会タイム♪ 10回目ともなると、参加者の皆さんも講師もすっかり仲良し! なかなかおしゃべりが止まらな~い! いっぱい笑いあった後は、1年間をふりかえっての感想タイム! ここからは…もうマイク代わりに、ティッシュの箱が回っていく状態。。。 全員から涙がこぼれました。 参加者の皆さんからは。 「つらいのは私1人じゃないんだと思えた」「ここに来ると癒されて、また頑張れました!」など、 とても有り難い感想をいただきました。 それを聞いていた講師からも涙が。講師にとっても皆さんとの出逢いはとても有意義でした。 しんどい、つらい、悲しい。そういう気持ちがわかるからこそ。 なんとかしてあげたい。 その想いだけで、講師も1年間頑張ってくれました。 来年度も連続勉強会、やります!! すでに多くの方にお問い合わせをいただいています。 今年度参加した方からも、また参加したいと言っていただいています。 またみんなで「つながる」あたたかい勉強会になればと思います。 是非、ご参加くださいね!!

Leave a Comment

ぴーすの連続勉強会第9回「障がいのある子のしつけ」2/15

2/15に開催された連続勉強会、早くも9回目になりました! テーマは「障がいのある子のしつけ」。 これって甘やかしなのかな?それともうちの子には出来ないことなのかな? 他のご家庭ではどうしてるのかな? 親であれば、皆さん一度は悩まれたことのある「しつけ」について、 まずはたっぷり参加者同士で話し合いをしてもらいました。 それをホワイトボードに書き出して、一緒に考えていきます。 同じ悩みを抱えている人も沢山いたので、皆さんうなづきながらご覧いただきました。 講師からは自身の体験談をもとに、どのような対応をしてきたかを話してもらいました。   しつけは各家庭によって違います。 でももしかしたら家庭内でも、対応や意識の統一がなされていないこともあるかも? まずはご家族で話し合い、子どもたちが「どうしたら正解」をわかりやすく伝えること、 そして「自分には価値がある」「愛されている」という自己肯定感が、 しっかりとした土台となり、しつけが身につくのだということを学びました。 そのためには!まずはお母さんも、自分で自分のこといっぱいほめましょうね!! っとお互いに拍手をして終了しました~♪ さて次回はいよいよ最終回です!!

Leave a Comment

ぴーすの連続勉強会第8回「ことばとコミュニケーション」1/18

ご報告がすっかり遅くなってしまいました! 1/18に連続勉強会第8回目「ことばとコミュニケーション」が開催されました。 「なかなか言葉が出ない」 「同じ言葉ばかり繰り返して、会話にならない」 言葉に関するお悩みは、ぴーすでも沢山伺います。 私も悩んでいた1人でしたから、皆さんのお気持ちはとってもよくわかります。 「言葉さえ出たらなぁ!」とずっと思っていました。 なんとかしゃべらせよう、しゃべらせようと声をかけていたように思います。 その一方で「私はこの子のことは何でもわかる!」とばかりに先回りして、 息子が「あ」と言えばお菓子を出し、「んー」と言えば抱っこし…。 彼のコミュニケーションのチャンスを、ことごとく奪っていたなぁと反省します。 今回はそんな母と子のコミュニケーションあるあるを、 講師陣でロールプレイをして、参加者の皆さんに見ていただきました。 お茶が欲しいとき、お子さんはどのように伝えてきますか? ①子どもが座ったら、母が察して出す ②子どもが勝手に取りに行く ③机をたたくなどの問題行動 ④クレーンで伝える ⑤「ちゃ」など違う方向を見て言う ⑥コップやカードを渡す これらをロールプレイで見ていただくと、参加者の多くがうなづきながら、 「やるやる」「あ、うちコレだ」と苦笑いされていました。 ちなみに我が家は①と④でした。 目指すは➅!ということで、コミュニケーションの方向性について今回は学んでいただきました。 相手に「伝わる」喜びが、コミュニケーションを「楽しい」と思ってもらうことに繋がります。 是非お子さんに合った工夫や時にはちょっと仕込んで(わからないふりをして)、 お子さんの「伝えよう!」をいっぱい出してあげたいですね!

Leave a Comment

ぴーすの連続勉強会第7回「みんなどうしてる? 身辺自立」12/14

第7回連続勉強会のテーマは、「みんなどうしてる? 身辺自立」でした。 「トイレ・歯磨き・手洗い・着脱・片付け」など本当に身近で、 色んな悩みがあるテーマだったので、たくさんの方が参加してくださいました! 10人いれば10人の道のりがある、「身辺自立」 参加者さまもざまざまな悩みや経験があり、積極的に質問したり体験談を語ってくださいました。 分かっていても、焦ったりイライラしちゃいますよね。 でも肩の力を抜いて、絵カードなどの視覚的支援をお助けマンに、 スモールステップから始めること重要ですね! 今回の勉強会の資料を一つご紹介します♪

Leave a Comment

ぴーすの連続勉強会第6回「うちの子の将来って? 福祉・教育」11/9

第6回の連続勉強会は「うちの子の将来って? 福祉・教育」。 就学に向けて、これから色々なことを選択していかないといけない場面が多くなるかと思いますが、 今回は皆さんが一番の関心事「学校」や「放課後等デイサービス」などの福祉や教育がテーマです。 3人の講師の体験談を交えながら、 支援学校や通常学級、支援学級の特徴、放課後等デイサービスの選択方法などを学びました。 特に、最近たくさん増えている放課後等デイサービスのお話では、 参加されている皆さんが熱心にメモを取られながら聞いておられる姿がとっても印象的でした。 これからの学校選びもデイサービスも一番大事なことは子どもが毎日を楽しく過ごせること!! ついつい親目線で何でも選んじゃいがちですが、子どもが興味のある、子どもがその子らしくいられることを、 一番に考えていかなきゃと感じました♪

Leave a Comment

ぴーすの連続勉強会第5回目「障がい児のいる家族~きょうだい・父・祖父母の思い~」10/12

早いもので折り返しの第5回目となりました、連続勉強会。 いつも頭の中は、障がいのある子どものことばかり…になりがちですが。 今日はその子以外の家族についてがテーマです! まずは講師からそれぞれの体験談をお話してもらいました。 祖父母のこと…上のきょうだいのこと…下のきょうだいのこと。 その時どのように悩み、どう対応してきたか。 そして今、それぞれの家族が何を思い、どう変化したかなどをお話してもらいました。 その後はグループに分かれて、参加者の皆様にもお話していただきました。 悩んでいたのは自分だけじゃない。皆さんの話を聞いていたら、うちの主人はとてもよくやってくれていたんだ。 そんな発見が見られたようです。 本人も、家族も。そして貴方自身も。 1人1人が人生の主人公だということ。 それぞれの暮らしを大切に、共に楽しく生きていきたいですね♪ (記:ともちゃん)

Leave a Comment

ぴーすの連続勉強会第4回目「障がいってなぁに?~障害特性とICF~」9/14

2学期に入って最初の連続勉強会は、 「障がいってなぁに?~障害特性とICF~」。 障がいのある人と共に暮らすヒントを学びました。 講師の体験談をもとに、お子さんの「やりたい!」を応援するには、 どのような環境を整えたかなど、具体的に紹介してもらいまいました。 途中、合理的配慮ひろめ隊の皆様にも入っていただき、 合理的配慮についても学びました。 最後に障害を個性へと素敵に変換出来るようにと、 リフレーミング辞典を使って、参加者さん同士で他己紹介もしましたよ♪ 皆さん素敵な誉め言葉で紹介してもらって、嬉しそうな笑顔が印象的でした! 仲良くなられて、連絡先の交換などもされた方もいました。 ご縁があってここで出逢い、共に悩み学び、励ましあえる、そんな仲間づくりのきっかけになれば 私たちスタッフもとても嬉しいです!! (記:ともちゃん)

Leave a Comment

ぴーすの連続勉強会第3回目「親子交流会」8/31

8月最終日の8/31、福祉会館プレイルームをお借りして、 連続勉強会第3回目「親子交流会」を開催しました~! いつもはお母様がご参加いただいていますが、 この日は沢山のお子さん、そしてお父様もご参加くださいましたよー! さらに!! スペシャルゲスト~!体操の佐藤先生がお越しくださいましたー! 佐藤先生は堺市内の多くの幼稚園で、幼児の運動面の指導をご担当をされており、 幼児期の運動の重要性を考え、体力向上にご尽力されている先生です。 とっても明るく元気いっぱい楽しい先生なので、 大人も子どもも笑顔で楽しんでくださいました♪ 最初は先生のお話。お子さんもしっかり聞く姿勢!素晴らしい! 大きなプレートには、身体の動きがイラストで描いてあります。 先生が繰り出したら、みんなでまねっこ~。 戸惑いながらもお父さんたちも頑張ってくださいましたよ。 ビニールシートにたくさんのビニールテープが貼ってありますねー? それぞれに合わせて、ジャンプしたり、ケンケンしたり。 先生がお手本を見せると、お子さんたちも上手にマネしていきます。 楽しそうなお子さんの姿に、参加されたお母さん方も 「これなら似たようなものウチでも作れそう~」と興味津々でした! 是非おうちでも親子で体を使った遊びを続けてくださいね! 佐藤先生、ありがとうございました!! (記:ともちゃん)

Leave a Comment

FX