Archive for the ‘【ぱれっと】えんぱわミーティング&座談会’ Category

ぱれっと【6/14(火)不登校かふぇ ゆるり】

偶数月は ゆるりを開催しています。 6月のゆるり 奇跡的に雨が上がり!! 3名の方に、ご参加いただきました。 いつも導入として、自己紹介と 「昨日の晩御飯」や「100万円あったら?」というお題について 発表したりするのですが 今日は趣向を変えて「ほめほめ」ワークをやりました。 「過去に言ってもらってうれしかったことば」 「一度でいいから言ってもらいたいことば」 などを自分でリクエストして 他の人からほめてもらう、というワークです。 こんなリクエストが出ましたよ♪ 「器が大きいですね!」 「お若く見えますね!」 「やさしいですね!」 言う人は心をこめて! 言ってもらう人は全身で受け止めて! を、それぞれ実施しました。 気恥ずかしいような、うれしいような、とにかくいい気分になりました(笑) そして本題。 近況報告や困っていることを出し合いました。 ・部分登校できる日が増えてきたが、下にきょうだいもいて、毎回登下校に付き合うのが負担… ・せっかく登校できるようになっていたのに、運動会の練習を機にまた不登校に… ・来年中学生になるが進学が心配… ・何とか登校できているが、毎日のようにある時間割変更についていくのが大変… 悩みについては意見交換をしました。 結局、正解は・・・わかりませんが 他の人のいろいろな意見を聞いて 「〇〇しないと!」とか「〇〇すべき!」とか思いこんでたことが ちょっと緩められたり、 引き続きがんばるエネルギーがゲットできたり そんな場になっていたら、うれしいです。 次回のゆるりは8月9日(火)です。 初めて参加される方も大歓迎ですよ。

Leave a Comment

ぱれっと【4/19(火)不登校かふぇ ゆるり ~特別編~】

今日は参加してくださるみなさんが待ちに待った ゆるりの日♪ コロナの関係で延期していた、年に1回のゲストをお招きするスペシャル回が ようやく開催されました~! ゲストは、堺市発達障害者支援センター アプリコット堺の中條淳博さん。 臨床心理士として、発達障害の当事者さんやご家族の支援に携わっておられます。 今回4名の方々にご参加いただきましたが、丁寧に聞き取りながらお話を進めてくださり、 意見交換したり、いろいろな思いに共感しあうことができました。 また、アプリコット堺について、事業内容やご利用方法を詳しく教えていただけたのも よかったです。 参加者のあるかたは「現在『教育センター』に定期的に相談に行っているが、中学校を 卒業したらどこに行けばよいのか?」という悩みがありました。 また別の参加者のかたは「発達障害の特性があるようで、そろそろ受診して診断を受けた方が よいかと思っているが、どの病院に行けばよいのか?」という悩みがありました。 これ、どちらも「アプリコット堺」をご利用できるんです! アプリコット堺は「相談者の年齢は問いません」とのこと。ご家族だけでもご利用できます。 ご本人が「発達障害~」というアプリコット堺のネーミングに抵抗を感じる場合は 「堺市ユースサポートセンター」をご利用する方法もある、と教えていただきました。 そして、受診に関しては、医療機関を紹介してくださるとともに、 聞き取った内容を紹介医療機関に伝えてくださるらしいですよ! ぜひぜひ、堺市民の方はアプリコット堺を利用しましょう! (くわしくはこちらをご覧ください → http://www.hannan.or.jp/apricotsakai/) 参加された方の感想です。 「アプリコット堺のことが知れてよかったです。思い切って相談してみようと思えました」 「先輩方の話を聞けたのも助かりました」 「状況はなかなか変わらないけど、少し吐き出して気持ちの余白ができたかな、と思います」 次回のゆるりは6月14日㈫です。 初めてのご参加もリピーターも大歓迎です!

Leave a Comment

ぱれっと【12/14(火)不登校かふぇ ゆるり】

この日のゆるりは、初参加の方1名を含む、3名の方が参加。 みなさん、中学生男子のお母さんです。 まず、近況を発表♪ 「へー、そんなことができるんや!すごい!!」 「がんばってるよね~」 と、それぞれのお子さんのユニークなところや頑張りを認め合いつつ… お子さん3人とも、自分の信念に基づき、部分的に登校している状況で、 母としては、ちょっと行けるようになると 「このままもっと行けるようになるんじゃない?!」と期待して裏切られたり、 何か起こると 「もっと行けなくなるんじゃないか?」ととても心配したり、 そして、何よりも将来、特に高校進学には大きな不安があり… 「親のメンタルもたないよね~」ということで共感し合いました。 それに加え、これまでのことについても 「もっと早く子どもの障がいに気づいていたら」 「あの時もっとこう対応していたら」 という後悔の気持ちも抱えておられ、複雑な思いをお持ちでした。 ☆参加された方の感想です☆ 「同世代の子を持つ親の集まりで話すことができ、 それぞれの悩みは違うけど、がんばっている親子がいる安心感がありました」 「同じ立場の方といろいろお話ができてよかったです。 ためになるお話でよかったです」 「他の人の話が共感できて気持ちが楽になりました。 ぜひ続けてほしいです」 ゆるりに来ていただいても、状況を変える答えは得られないかもしれませんが、 同じしんどさを持っている仲間との出会いは貴重ですよね。 みなさん、笑顔で帰って行かれるのでほっとします。 次回のゆるりは2月8日(火)です。 アプリコット堺よりゲスト講師をお招きしてお話をうかがいます。 ご参加お待ちしております♪

Leave a Comment

ぱれっと【10/12(火)不登校かふぇ ゆるり】

この日は不登校かふぇゆるりを開催しました。 3名のご参加がありましたが、全員中学生男子の母。 そして兄がいる、というところまで同じ! 近況報告の後は、 それぞれの中学校の様子、お子さんの学習状況、 卒業後の進路、兄との関係、母との関係、母のストレス発散法… とにかく共通の話ができて、とても盛り上がりました~♪ お子さんの状況は三者三様で見事に違いましたが、 それぞれの褒めポイントをたたえあって、認め合った とてもあったかい会になりました。 ☆参加された方の感想です☆ 「中学生男子というつながりがあったので、 学校や家での様子・進路など共通の話ができて良かったです」 「久しぶりに話をして少し心が軽くなりました」 「皆の状況が聞けたので気が楽になりました。 とにかく同じ状況の方の話が聞いて話して楽しかったです」 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ さて、緊急事態宣言下、ぱれっとのプログラムはお休みしてましたが… 実はゆるりメンバー「居場所利用」として、おしゃべりを続けていました。 6月は、初参加の方1名を含む3名で、進学や思春期について話をしました。 思春期の対応について、参加者のお一人の方は、過去に相談先で 「とにかく子どもの言うことを否定したり、意見を言ったりしないで そのまま受け止めるように!」と助言を受け、実践してみたところ、 お子さんがとてもよく話してくれるようになったそうです。 助言の意味、わかるんだけど、難しい・・・。 それをきちんと実践されたお母さんに拍手!!です。 ~~~~~~~~~~~~~~~~ 8月は、お一人で来所。 6月にも参加してくださった中学生のお母さん。 前回の進路の話を受けて、早速、進路説明会等に参加し 精力的に情報を集めておられてびっくり! ぱれっとのスタッフからもいろいろな情報を提供し、 さらに絞り込みができたご様子でした。 コロナ禍の孤立しがちなムードの中、おしゃべりを継続していた『ゆるり』 次回は12月14日(火)です。 どうぞ息抜きにいらしてくださいね♪

Leave a Comment

ぱれっと【4/13(火)不登校かふぇ ゆるり】

この日は、ゆるりを開催しました。 新学期早々でお忙しい中、1名の方にご参加いただき、 近況をお聞きしたり、 不登校に関するネットの情報を共有して意見交換をしました。 メンタルフレンド、不登校特例校、フリースクールの学資援助・・・ 「大阪にもこんな制度があったらいいよね~」と話したりしました。 近況をお聞きして印象的だったのは、 小学校の卒業~中学校入学という大きな変化に際し、 ご本人が、悩みながらも自分の意見をしっかり持って 数々のチャレンジをしておられること! ご本人の状況に応じたサポート体制が整えばいいですね。 参加された方の感想です。 「参加者一人で寂しさもありましたが、じっくり話せてよかったです。 新学期で気持ちが揺れてましたが少し吐き出させていただきました。」 以前ご参加された方々、その後お元気にしていらっしゃいますか? よろしければまた報告や息抜きにいらしてくださいね。 次回は6月8日(火)です。

Leave a Comment

ぱれっと【3/17(水)情報かふぇ ほっと】

あたたかな水曜日でした。 緊急事態宣言の解除明けということで、少人数の参加でした。 小学生、この春高校生、成人と様々な年代の母でしたので いろんな情報を広く交換できました。 現在の子どもさんの状態を報告しあいつつ 新年度を迎える母は心配は尽きませんが 大きな心で、口出しはほどほどに、見守ることが大切ですね♪ というお話になりました。 参加いただきました皆さん、ありがとうございました!

Leave a Comment

ぱれっと【2/9(火)特別編:ゆるりメンバーと・・】

2か月に1回開催の ゆるりの日♪ ぱれっとでは、プログラム中止をしていますが この日は、1年に1回のゲストをお招きするスペシャル回の準備をしていたので 少人数の相談対応として、開催しました。 3名の参加がありました。 ゲストは昨年に引き続き、堺市発達障害者支援センター アプリコット堺の中條淳博さん。 臨床心理士として、発達障害の当事者さんやご家族の支援に携わっておられます。 (アプリコット堺についてはこちらをご覧ください → http://www.hannan.or.jp/apricotsakai/) 中條さんが、参加者のお子さんのことを丁寧に聞きながらお話を進めてくださったので、 親子のそれぞれの複雑な思いやがんばりを、お互いに感じられた時間になりました。 参加された方の感想です。 「みなさんの話が聞けて楽しかったです」 「私だけじゃないって思えるだけでも気持ちが楽になりました」 また、不登校を経験された高校生や成人の方の事例から 利用可能な社会資源について教えていただき まだまだ遠い将来のことではありますが、 ちょっぴり希望が持てたのではないでしょうか。 最後に紹介していただいたことばを胸に、今一度ねばっていきましょう! 不登校支援の目標は 「再登校」ではなく、「どうすれば元気になるか」。 そのために、「見守る。一緒に手探りする」(斎藤環先生) 次回のゆるりは4月13日㈫です。 初めてのご参加もリピーターも大歓迎ですよ。

Leave a Comment

ぬくもり広場、2021年の活動開始!

新年、初めての集まりは『ぬくもり広場』のスタッフ会議です。 『ぬくもり広場』とは、ぴーすの市民活動を行っているところ。 活動の担い手は、「障がい児者のお母さん」たちです。 令和3年1月6日(水) 活動をとりまとめるスタッフが集合し 昨年4月から12月までの活動を振り返り、次年度に向けての方針を話し合いました。 まずは、昨年の振返り。 「こんな良いこと、あったよ!」 「この場面、素敵だった♪」 という風に、それぞれが印象に残ったことを発表しあいました。 みんな言いたいことは山ほど! それをホワイトボードにいっぱい書いて・・ ぴーすならではの良さを、改めて確認しあいました。 全体を振返ると「今年もボランティアさんが増えたね~」と嬉しい確認。 年齢も、子どもの障害も、バラバラだけど ぬくもりで、みんなと一緒に活動すると 同じ目線で話ができる しんどいのは自分だけではない・・と安心できる 家で一人で過ごすより、ちょっぴり充実感☆ 帰る時には、不思議と軽い気持ちになれる 繰り返し参加するボランティアさんたちが、どんどん元気に・おしゃれになっていく! そんなお母さんたちの姿が、スタッフの励み! 振返りで出た、たくさんの「ステキな場面」を 次年度もっと広げようね!という話で、会議はおわりました。 この後も、いろんな人にイキイキと活動していただけるよう スタッフ一同頑張りたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします!

Leave a Comment

ぱれっと【12/8 不登校かふぇ ゆるり】

欠席者が出たため、当日はファシリテーター含め、4名。 まず初めに【アイスブレイク】。 参加者の「他の人から言ってもらって嬉しい言葉」を書きだし、 みんなでそれを大きな声で言うワークです。 ★出た語録は★ ・きれいやね せいのー「きれいやねぇ~!!!」 ・年の割には若いなぁ せいのー 「年の割には若いなぁ!!!」 ・いつも頑張ってるなぁ せいのー 「いつも頑張ってるなぁ!!!」 最初は緊張するのですが、どんどんノリノリに★みんな笑顔になりました!(^^)! さて本題 少人数だったことと顔の分かるメンバーさんでしたので 近況をじっくりと伝えあうことができました。 1歩進んでは、また下がる・・ことがあると 本当に凹むけれど、 本人はもっとしんどい思いをしてるんだろうなぁと 子どもの気持ちに寄り添ったり。。 でも母だってしんどいよねと 共感したり。。 家を離れていると 客観的に見えてくることもあるので やはり外へ出てストレス発散は 大切だねという話にもなりました。 同じ学校で、不登校仲間を探すことは、できないそう・・。 同じ立場で不安なことを話し合う場所「ゆるり」が あってよかったと言っていただけました。 次回の開催は 令和3年2月9日(火)10:30からです。 アプリコット堺からゲストをお招きして お話を頂く予定。 参加ご希望の方は是非、お電話でご予約下さい。

Leave a Comment

11/18 情報かふぇ「ほっと」

第3回目となる情報かふぇ「ほっと」は、時節柄急なお休みも多く、5名となりました。 今回は 冠地情氏の書籍「アイスブレイク&ワークショップ」を活用し 最初にアイスブレイクを行いました! アイスブレイクってご存じですか? 訳すと「氷を壊す」こと! 初対面の者同士が出会うシーンで、緊張した硬い雰囲気を解きほぐすための手法 緊張感を氷に例えて それを打ち破る、溶かすという意味でアイスブレイクと呼ばれるようです。 皆さんにやってもらったのは 「自分が言われて、嬉しいほめ言葉を1つ挙げてもらう」 「参加者全員で、感情を込めて、その言葉を伝える」というもの 出たほめ言葉がコチラ! それぞれ言われて嬉しいほめ言葉って違うんですねぇ~。 全員で心を込めて伝えました。 伝えるほうはあんまり抵抗なく言えるんですが、言われる側は大照れ!! 母って、普段全然ほめられ慣れていないのね…と感じました。 参加された方からは 「親にも言われたことがなかったかも」や 「子どもの嬉しいほめ言葉も違うのかも?」という気づきがありました。 その後、自己紹介や近況報告を行いましたが ここで全員お子さんが同級生だったことが発覚! そのほか、お悩みも共通することが多く うなづきあいながら聞くことが出来ました。 そろそろ思春期…というお年頃だったので。 本人が少しずつ今までと違った反応を示してくることに、戸惑いながらも、 母の対応を変えなければいけない。 それはわかっていても 障害故にどこまで見守ればいいのか?手を出していけばよいのか? 許しがたい行動に対して、どのように対応すればよいのかなど 時間たっぷり話し合いました。 先輩母からは 先回りをして直接注意するのではなく、何気なく本人が自分で気づくヒントを出すなど、 気にはかけつつ、自分で出来る工夫をしていくことが重要だという話をしました。 また 頭ごなしにNOを出すのではなく 何故そうしたいのか?一旦気持ちを受け止めることで、 本人のこだわりを強くしないで済むこともあるという話も出ました。 通ってきた道だからこそ、わかることがあります。 「わかるわかる。そういうことあるよね。大変だよねぇ」と 受け止めてくれる場所が、ほっとにはあります。 「自分だけじゃないんだ!」と思えることが また明日から頑張る活力になるかもしれません。 参加者の皆さんからいただいた感想です! ・すごく共感できるお話をたくさんきけて、話せてよかったです。 ・同じ学年の親の方と色々お話できてとてもよかったです。 ・はじめは緊張しましたが、たくさんお話ができ、充実した時間でした。 自分だけじゃないんだという感覚が得られました。勉強出来ました。 次回は1/20の予定です。是非皆さん”ほっと”しに来てくださいね♪ 参加申し込みはまたHPで告知します。

Leave a Comment

9/16 情報かふぇ『ほっと』

今回2回目となる”情報かふぇ「ほっと」“を開催しました。 「ほっと」は、先輩母たちと近況やお悩みなど、 ざっくばらんにおしゃべりしながら、 障がい児者育児の”HOTな情報が手に入る場所” そして”ほっと一息できる場所“となれることを目指しています。 まずは自己紹介! 今、悩んでいることなどをおしゃべりした後 メールニュースふぁにぃで 過去にご紹介した情報の中から 悩みに役立ちそうなものを、ピックアップしてご紹介~。 *「しっかりしつけないと!」という親心から、 禁止や指示のことばがけが多くなってしまう人 → 楽々かあさん公式HP 「声かけ変換表」を参考に!    https://www.rakurakumom.com/ *「思春期」を乗り越えるには? →思春期の子どもを持つ親に大切にして欲しい4つのこと https://children.publishers.fm/article/8002/ 上記の中のチェックリストで基本的な考え方を見直そう! *佐々木正美先生の著書はどれも、母の気持ちに寄り添いながら 具体的な指針を示してくれるので超おすすめ! こんな話をしながら、最後に大いに盛り上がったのは 「この子たちが受け入れてもらいやすい『歯科』って知ってる?」という質問から 「発達障害を診てもらえる『病院』は?」という話題になり・・・ 先輩母も、参加者の方々も、地元民ならではの・・情報を交換しあって これぞ「ほっと」!!といえる 有意義な時間となりました。 参加してくださった方の中には 早速ぴーすのボランティアとして活動したい! と言ってくださる方もいて、 こうやっていろいろな方とつながりあえる喜びを改めて感じました♪ 次回「ほっと」は11月18日(水)です。

Leave a Comment

7/15 情報かふぇ『ほっと』

先日、今年度初めての”情報かふぇ「ほっと」“を開催しました! ほっとは「障がい児育児について情報が知りたい」「福祉サービスについて知りたい」 「先輩母とおしゃべりがしたい」などのご要望におこたえし、2ヶ月に1回OPENします♪ 先輩母たちと近況やお悩みなど、ざっくばらんにおしゃべりしながら、 障がい児者育児の”HOTな情報が手に入る場所”であり、”ほっと一息できる場所“となれることを目指しています。 今回もソーシャルディスタンスに配慮した大きなテーブルを囲んでの座談会でしたが、 心の距離はとっても近くて、様々な話題が出ました。 コロナ禍のお子さんの様子や思春期、不登校、きょうだい児、問題行動への対応などなど…、 話が尽きることなく、2時間あっという間でした。 最後に「最近ふぁにぃでもzoomを使ったセミナー情報が多いよね」という話から、 zoomの使い方レクチャーまで! こんな「ちょっと聞いてみたい」ということを気軽に聞いて、 自分の話や他の人の悩みを一緒に考え、おしゃべり出来るのも、ほっとのいいところ♪ 次回は、 9/16(水)10:30~12:30 の開催を予定しています。 気になる!参加してみたい!という方は、是非お問い合わせくださいね。

Leave a Comment

不登校について語ろう!不登校カフェ「ゆるり」6/9分 予約受付中

昨年12月から開催していました「不登校の子供を持つ母のおしゃべり会」。 開催のたびに参加者の皆様からご好評を頂いていたこともあり、 不登校かふぇ「ゆるり」として、定期開催されることになりました。 ただいま【6/9(火)開催予定分のご予約】を受付中です。 不登校の子供を持つママさんや不登校を経験した先輩ママさん達と お話してみませんか。 あなたは一人ではありません。お気軽にご参加ください。 【申し込み方法】 ○メール申込 送信先:p-office@p-s-sakai.net 件名:不登校6/9分 本文:「参加者のお名前」、「お子様の所属校」、「学年」を明記の上、 メール送信してください。 詳細は、こちらをご覧ください。

Leave a Comment

不登校のおしゃべり会 改め、不登校かふぇ「ゆるり」

昨年12月からスタートした不登校のおしゃべり会、 ようやく2度目の開催となりました。 今回も大好評でした! そして、このおしゃべり会のネーミングが決定!!! その名も、 不登校かふぇ【ゆるり】 です。 【ゆるり】とは・・・ ゆるっとしたイメージと「いろり」という意味を兼ねて。 ゆるり(=いろり)を囲む雰囲気の中で、 ゆっくりと会話を楽しんでいただきたいです。 2/12(水)は3名の方が参加されました。 様々な年齢、違った環境の中で生まれた「不登校」について 語り合いました。 正解を求めるのはではなく、 「発散」「ストレス緩和」「子どもの気持ちに寄添う」 をテーマに、お話は尽きませんでした。 ご参加いただき、ありがとうございました。 【ゆるり】が、気分転換やリラックスできる空間になるよう、 スタッフやファシリテーターがお手伝いできたらよいなぁと…。 運営一同、そう思っています。 興味のある方も、是非参加してみてください。 お昼持ち込みで、そのままゆっくりしていただくのもOKです♪

Leave a Comment

12/10 ぴーすがお送りするおしゃべり会『発達障がいをもつ子どもの不登校』

12/10にぴーすがお送りするおしゃべり会 『発達障がいをもつ子どもの不登校』 を開催しました。 前半は、ゲスト講師としてお招きした 堺市発達障害者支援センター「アプリコット堺」 中條(ちゅうじょう)淳博さん からお話をうかがいました。 まず「不登校」といわれるものの複雑さや現状について、データをもとに説明していただきました。 そして、アプリコット堺では主に成人の方の支援をしておられるということで、 不登校~引きこもりを経験しながらも、立派に就労されている成人の方の事例をご紹介いただきました。 親としては、子どもの将来像が描けずとても心配になりますが、 ・中学や高校に進学するタイミングで行けるようになる子どもも多い ・特に高校からの進路の選択肢はとてもたくさんある ことがわかりました。 成人の方の事例からも、利用できる福祉サービスがいろいろあることとわかり、 少し安心されたのではないかと思います。 大切なのは、 ・不登校の状態でも子どもが『認められている』 ・『困ったときは周りが助けてくれる』という感覚 ・親としては、外に目を向けてみるという視点 だそうです。 今日参加されたみなさんは、 お子さんの一番の理解者 として、本当に頑張っておられる様子でした。 お忙しい中でも今日のようなセミナーにも出向いてこられていて、 中條さんからも『OK』をいただきました。 午後はお弁当を食べながら、おしゃべり会♪ 家での過ごし方、きょうだいとの関係、 親族との関係、先生との関係、 自分の気持ちのもっていき方 etc… 話したいことは、たくさんたくさんありました。 が、しかし。 1時間延長して残ってくださった方はけっこうお話しできたのですが、 予定時間で帰られた方は全く話し足りなかったですよね~(申し訳ない!!) お子さんの状況で今日ご参加できなかった方もおられますので、 この企画、近いうちにまた絶対やりたいと思っています!!! 最後に、参加してくださった方の感想をご紹介しておきます。 「アプリコット堺のことを知れてよかったです」 「高校からの進路の選択肢がたくさんあることがわかって安心しました」 「同じ思いをしている人たちと話せてよかったです」 参加してくださったみなさん、ありがとうございました。 それでは、次回をお楽しみに〜♪

Leave a Comment

FX