今年度最後の「あい・ふぁいる活用セミナー」を開催しました。 時間になっても来られない方にご連絡してみたら オンラインセミナーと勘違いされていた他府県の方だった! というハプニングもありながら、2名の方がご参加されました。 前半は「あい・ふぁいる」について説明させていただき 後半は記載&トークタイム♪ 「あい・ふぁいる」のシートは 「すべて書かなくてもよい」 「その子に関わる資料をどんどんファイルしよう」 「写真もぜひ!」というポイントをおさえ・・・ 記載は、この日も「生い立ち」のシートをやっつけよう!とがんばりました。 「生い立ち」のシートは、誕生~5歳頃までの発達の状況をまとめるものですが 母子手帳から記録を拾い出すのがややこしい。 また、この時期に子どもの問題に気づいた人という人が多く 当時のつらい記憶がよみがえってくるのも、しんどい。 なので、セミナーの場で、勢いで仕上げるのも得策かも・・(笑) お二人とも春からは小学校、中学校と それぞれ次のステージに進まれるとのことで 心配なお気持ちなどを話されました。 「あい・ふぁいる」の「引継ぎ事項」シートもうまく活用できればいいですね。 参加された方の感想です。 「参加したのを機に、面倒な部分を記入していこうと思います。 インデックスありがとうございました。」 (ぴーすでは、年代別シートをわかりやすく区切るインデックスを差し上げています) 「あい・ふぁいるの書き方だけでなく、その活用方法もわからなかったのでセ ミナーを受講できて良かった。 もうすぐ卒園なので、保育園の先生にも書いていただけるようお願いしようと思います。」 ↑ 堺市が誇る「あい・ふぁいる」 いろいろな自治体でこのような書式は普及してきましたが この『リングファイル』はなかなかもらえませんよ! 不要なシートは抜いてもOK! 子どもに関わる資料をどんどんはさみましょう♪