新年、初めての集まりは『ぬくもり広場』のスタッフ会議です。 『ぬくもり広場』とは、ぴーすの市民活動を行っているところ。 活動の担い手は、「障がい児者のお母さん」たちです。 令和3年1月6日(水) 活動をとりまとめるスタッフが集合し 昨年4月から12月までの活動を振り返り、次年度に向けての方針を話し合いました。 まずは、昨年の振返り。 「こんな良いこと、あったよ!」 「この場面、素敵だった♪」 という風に、それぞれが印象に残ったことを発表しあいました。 みんな言いたいことは山ほど! それをホワイトボードにいっぱい書いて・・ ぴーすならではの良さを、改めて確認しあいました。 全体を振返ると「今年もボランティアさんが増えたね~」と嬉しい確認。 年齢も、子どもの障害も、バラバラだけど ぬくもりで、みんなと一緒に活動すると 同じ目線で話ができる しんどいのは自分だけではない・・と安心できる 家で一人で過ごすより、ちょっぴり充実感☆ 帰る時には、不思議と軽い気持ちになれる 繰り返し参加するボランティアさんたちが、どんどん元気に・おしゃれになっていく! そんなお母さんたちの姿が、スタッフの励み! 振返りで出た、たくさんの「ステキな場面」を 次年度もっと広げようね!という話で、会議はおわりました。 この後も、いろんな人にイキイキと活動していただけるよう スタッフ一同頑張りたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします!