11/13、キンダーハイム保護者会さまよりセミナー講師のご依頼を受け、 防災士スタッフ:田中知子が zoomによる防災セミナーを実施しました! キンダーハイム保護者会さまには、今年2月にコミュニケーションについての 講師依頼をいただき、その時是非防災も来て欲しい!と言っていただいていました。 が…、年度初めからの新型コロナウイルスの蔓延により、 保護者会の活動もストップ…。 保護者会の皆様は、こんな時期だからこそ、保護者同士繋がりたい! そして保護者会での学びを止めたくない!という想いから ぴーすにご相談くださったので zoomによるオンラインセミナーのご提案をさせていただきました。 保護者会の皆様も、参加者の多くもオンラインセミナー未体験! という中で、10名の方がご参加くださいました。 zoomの投票機能、ブレイクアウトルームを活用したワークショップは、 皆さん戸惑いもあったかと思いますが、参加した!という一体感が得られました。 画面に向かって手を振られ、再会を喜んでおられる姿に、講師もほっこり♪ やっぱり皆さん本当は集まって、思う存分おしゃべりしたいですよね? まだまだ我慢…の中、少しでも皆さんが繋がるお手伝いが出来たのなら嬉しいです。 ワークでは余震が続く中、避難所は三密状態。 自宅は半壊判定を受けているが 避難所に行く?自宅に留まる?というジレンマについて、考えてもらいました。 各グループ全員が「自宅」という選択! 障害児者家族にとって、新型コロナウイルスだけでなく、 障がいのあるわが子が人の迷惑になる というのが一番恐れていることのように感じました。 避難所に行けない。で終わっていては、いざというとき大変! 積極的に「在宅避難」を選択するには、どのような注意や準備が必要か? 「分散避難」についてもお話をさせてもらいました。 直接お逢い出来ませんでしたが、画面の向こうでうなづきながら、 「我がこと」として大変熱心に聞いてくださりました! 奇しくも新型コロナウイルスの 第三波が来たタイミングでのオンラインセミナーでしたが、 ご参加いただいた皆さんの不安が 1つでも軽くなっているといいな!と思いました。 キンダーハイム保護者会の皆様、ありがとうございました!!