この日は、堺市の「あい・さかいサポーター」養成研修の応用講座 【あい・ふぁいる活用の実際】というテーマで講師を務めさせていただきました。 「あい・さかいサポーター」の養成研修では、 市内の認定こども園・保育所・幼稚園・障害児支援事業所等において 障害児支援の中核を担うことを期待されている人たちが 2年間にわたり、さまざまな研修を受けておられます。 この日も、朝から受講していた皆さん ぴーすの担当は、午後の一番初めの眠い時間帯でしたが とても熱心に聞いてくださいました。 平成24年にできた、堺市が誇る『あい・ふぁいる』! 最近の調査によると、障害児に関わる人なら「存在は知ってる」という状況になってきました。 その「知っている」から「活用している」に変わってほしいという願いを込めて・・ 『あい・ふぁいる』は 新しく、ある人を支援することになった時、それまで関わっていた 支援者の方々によって築き上げられた「支援方法」や、「支援の方向性」を 引き継ぐためのもの! そして、他の支援者とも「支援方法」や「支援の方向性」を共有するもの! ぜひとも『あい・ふぁいる』を活用してほしい! 支援者のみなさんに熱い思いでお話しさせていただきました。 保護者も支援者のみなさんもお忙しい中、新しいことに取り組むことは 大変かもしれませんが、ぴーすが『出前セミナー』という形で出向き 一連の説明をさせていただきますので、ぜひご利用くださいね。