堺市では、 市民活動団体と多様な主体(地域、企業、地域金融機関、大学等)が、 それぞれの強みを活かしながら連携・協働し、 公共の担い手として活躍できる社会をめざし、 地域課題の解決や社会貢献を目的とした市民活動団体と多様な主体の協働による事業 を募集し、応募された事業の中から2つの市民活動団体を表彰しています。 今年度ぴーすは、 NPO法人えんぱわめんと堺/ES、堺市発達障害者支援センター、アプリコット堺との協働で行っている 「子どもコミュニケーションワークショップ」について応募し、 見事!特別賞をいただくことになりました~!! 子どもコミュニケーションワークショップは、 ・お友だちづきあいが難しい ・集団生活が苦手 ・思うことをうまく伝えられないなど、 コミュニケーションや対人関係に「しんどさ」を抱えたお子さんに、楽しみながら学んでもらう体験型のワークショップです! ロールプレイなどを通じて、自分自身の気持ちや体の変化について受け入れ、 人との境界線やコミュニケーションについて学んでもらいます。 えんぱわめんと堺/ESとは、平成20年から協働を開始。 社会情勢にあわせ、お互いに協力しながら、コツコツと続けてきました。 そのワークショップが、堺市に評価してもらえたこと とてもうれしく思います。 授賞式は1月だそうです。楽しみです~♪