今回で4度目となります。 「大阪樟蔭女子大学」の学生さん8名と先生1名がぽっしぇにお越しくださいました。 まずはみんなで自己紹介!当日の朝ごはんのメニューもお答えいただきました。 がっつりカレーを食べた人、パンの人、何も食べなかった人など。 女子大生という同じ属性の自分達も実に「多様」な個性を持っていることを実感してもらい、「共生」について考えていただきました。 まずは店長ふくちゃんよりNPO法人ぴーす設立までの経緯、自身の息子さんの成長とともに支援してきたモノのお話、親の気持ちのお話。 その後初代店長ZONOさんより「モノによる支援」のお話をしていただきました。 パワポで繰り広げられるわかりやすいお話の中に、少しおちゃめな動画もあり♪ (亀がスケートボードを使うと、うさぎより早く歩いてた=モノによる支援)みなさんの笑い声も聞こえてきました。 最後はぽっしぇ店内をぐるっと見てもらい、感想や質問をいただく時間としました。 自分達もふくめ、人は誰しも「便利グッズ」や「ちょっとした工夫」を使って、 楽にやりたい事をやって、苦手なこと軽減して暮らしていることに 気づいてもらえたかなと思います。 障害のある子どもたちにこれから出会うであろう若い皆さん! お仕事に就かれ、悩まれたら、またぜひぽっしぇにお越しください♪ 皆さんを応援します!