Archive for 5月, 2018

●7/26大募集!【女の子あつまれ~♪ステキな大人になるためのワークショップ】

毎年大人気のぴーすの『発達障がい児のためのコミュニケーションワークショップ』、 お友だちづきあいが難しい、集団生活が苦手、思うことをうまく伝えられない、 怒りが爆発してしまうなどの「しんどさ」を抱えたお子さんに、 楽しみながら学んでもらう体験型のワークショップです! 昨年度初の試みとして「女の子のためのワークショップ」を開催し、 とても大きな反響がありました! 大好評につき今年度も開催が決定しました!大人になっていく自分の心と身体を受け入れ、 自分を大切に すること、また女の子ならではの悩みや、たしなみ・マナーについて、 体験的に学んでいただきます。 お子さんがワークショップの間、保護者の方向けにぽっしぇでアプリコット堺から 相談支援専門員を招聘し、子育てに活かせるお話&なんでも相談会を開催します。 皆様のご参加おまちしております♪ ●開催日時:平成30年7月26日(木)受付13:15 開始13:30~15:00 ●内容及びスケジュール: お子さん→ぱれっと交流室にてワークショップ、 保護者→ぽっしぇにてお話&なんでも相談会 ●場所:NPO法人ぴーす1階交流室、生活支援グッズのお店ぽっしぇ 堺市北区百舌鳥梅町3-39-32 地下鉄中百舌鳥駅下車徒歩12分 ※駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。 お車の場合は、最寄りのパーキングをご利用ください。 ●参加費:無料 ●参加対象:小学3年生~中学3年生の女児 ●注意点: ・ワークショップの間は、お子さんと保護者の方は別行動となります。 ・保護者の方の参加は自由です。但し送迎は、保護者責任でお願いします。 ・詳細な時間/内容/グループ分けは、聞き取り表を締め切り後郵送します。 ・お子さんについての聞き取り表(郵送またはメール・FAXにて)の  事前提出をお願いいたします。 ●申込期限:平成30年7月5日(木) ●申し込み:定員がありますので、必ず申し込みをお願いします。 「件名:女の子WS 7/26」とし、本文に、 お子さんのお名前、所属(学校の名前)、学年 保護者名と保護者茶話会参加の有無、 郵便番号、住所、携帯電話番号を明記してください。 (1)メール:p-office★p-s-sakai.net (★を@に変えて) (2)FAX:072-250-9061 (3)ネットから:セミナー申し込みフォーム http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P70408344 ●お問い合わせ:NPO法人ぴーす  電話:072-250-9060 (火曜~土曜午前10時30分~午後4時30分)

Leave a Comment

ぱれっと【5/19 おもちゃ図書館スペシャル】

この日のおもちゃ図書館は2組4名のご参加がありました。 のんびりゆったり過ごした中で、忘れられないことも起こりました! Nくん、Sくんとも大好きなプラレールで遊んでいましたが、 たまたま開けたボックスに何やらトミカを走らせるおもちゃの部品を発見! 気になってしかたがありません。 組み立てはなかなか難しそうで過去のチャレンジは失敗に終わったそうですが、 Sくんママがチャレンジしてくれることに! スタッフが倉庫の奥深くから本体らしきものを探し出し、 Sくんママは着々と組み上げていきますが、 やはり細部がわからない・・・。 そこでNくんパパがスマホでネット検索、 その画像を見ながらSくんママが組み上げ、 Nくんはおもちゃを動かしながらパーツの位置を微調整。 いよいよ完成か!と思いきや、大事なパーツがひとつ足りない・・・。 あきらめるしかないか、と思ったその時、 なんと!ボランティアのOさんが膨大なおもちゃの中から探し当ててくださったのです! さすがベテランボランティアさん!!! 全員の力を結集し、見事出来上がったのがこれです。 トミカ『スリリングマウンテン』 標識などの細かいパーツは最後まで見つからないままですが、機能的には問題なし。 Nくん、Sくん二人でとっても仲良く遊んでくれました。 くずさないようにこのままそおーっと倉庫に収納しましたので次回もお楽しみに~。 組み立てに協力してくださったみなさん、ありがとうございました。 大人も一体感、達成感を味わえた、思い出に残るおもちゃ図書館スペシャルでした♪

Leave a Comment

ぴーすの職員研修【5/17 人権について「虐待防止」】

この日、ぴーすでは全職員参加による研修が行われました。 テーマは『虐待防止』です。 「障害者虐待」とは何か「障害者福祉施設従事者による虐待の事例」などから学びました。 福祉施設では、知識や支援技術の不足により対応方法がわからず、身体拘束による行動制限に頼ってしまう事例が多いようです。 問題行動がなぜ起こるのかを理解し、行動制限に頼らない適切な支援を提供することが必要です。 また、障害のあるなしにかかわらず、その人の年齢や性別に応じた言葉遣いや距離の取り方をふまえて対応することが基本です。 支援される人と対等な立場であるか、常に自身の『こころの立ち位置』を点検し、人権意識をもちながら支援したいと思いました。

Leave a Comment

ぽっしぇ【ICFと支援グッズ~女子大生INぽっしぇ~♪】

今回で4度目となります。 「大阪樟蔭女子大学」の学生さん8名と先生1名がぽっしぇにお越しくださいました。 まずはみんなで自己紹介!当日の朝ごはんのメニューもお答えいただきました。 がっつりカレーを食べた人、パンの人、何も食べなかった人など。 女子大生という同じ属性の自分達も実に「多様」な個性を持っていることを実感してもらい、「共生」について考えていただきました。 まずは店長ふくちゃんよりNPO法人ぴーす設立までの経緯、自身の息子さんの成長とともに支援してきたモノのお話、親の気持ちのお話。 その後初代店長ZONOさんより「モノによる支援」のお話をしていただきました。 パワポで繰り広げられるわかりやすいお話の中に、少しおちゃめな動画もあり♪ (亀がスケートボードを使うと、うさぎより早く歩いてた=モノによる支援)みなさんの笑い声も聞こえてきました。 最後はぽっしぇ店内をぐるっと見てもらい、感想や質問をいただく時間としました。 自分達もふくめ、人は誰しも「便利グッズ」や「ちょっとした工夫」を使って、 楽にやりたい事をやって、苦手なこと軽減して暮らしていることに 気づいてもらえたかなと思います。 障害のある子どもたちにこれから出会うであろう若い皆さん! お仕事に就かれ、悩まれたら、またぜひぽっしぇにお越しください♪ 皆さんを応援します!

Leave a Comment

ぴーすの保護者相談会【幼児進路相談会】5/12

この日は2回目の幼児進路相談会を開催しました。 昨年就学相談を体験した1年生のお母さんをお招きし、就学相談の実際について 詳しくお話していただきました。 みなさん、熱心にメモをとる姿が印象的でした。 就学相談は地域の小学校に直接申し込んでくださいね。 その際必要な申込票は小学校でもらうか、堺市のHPからダウンロードできます。 裏面もあり、記入するのは大変かと思います。 記入できましたらぜひコピーをとって、『あい・ふぁいる』に挟んでおいてくださいね。 相談会では、他に支援学級や通級指導教室について話しました。 参加された方の感想です。 「心配しすぎず、なるようになる気持ちで取り組もうと思います。」 「今日参加して、責任ある選択に、どこへ行ってもメリット、デメリットはある、とすごく納得しました。」 「とても具体的であたたかい体験談やお考えをお聞きできて本当にありがたかったです。」 また 「質疑応答の時間があればよかったと思います。」 「同じ悩みのお母さん方ともっとコミュニケーションがとれたらと思いました。」というご意見もいただきました。 十分にお時間がとれず残念でした。 小さなセミナーやあい・ふぁいるセミナーは比較的ゆっくりお話しできますので、みなさんお越しくださいね♪

Leave a Comment

●7/6小さなセミナー参加者大募集中!【園や学校の先生との付き合い方】

家庭訪問が終わり、参観などで園や学校の様子が少しずつ見えてきた頃かと思います。 連絡帳には書いてみたけれど…先生読んでくれてるのかな? どうしてもこちらの思いが伝わらない…。とお悩みの方はいませんか? またわが子のことをどこまでお願いしてもいいの?という悩みもよく聞きます。 先生との付き合い方のコツや、上手な伝え方など一緒に話し合いませんか? 一緒に原因と解決方法を考えます。是非ご参加ください♪  ●内容:園や学校の先生との付き合い方 ●日時:2018年7月6日(金)10:30~12:00 ●場所:NPO法人ぴーす ●ファシリテーター:田中知子 ●定員:10名 ●参加費:1,000円 ●申込み:定員があります。必ずお申込みください。 「件名:先生との付き合い方」とし、 本文に、参加される方のお名前・お子さんのお名前 お子さんの年齢・所属(園、学校名等)・電話番号を 明記の上、下記までご連絡ください。 1.TEL:072-250-9022 2.FAX:072-250-9061 3.メール:p-office@p-s-sakai.net ※駐車場がありませんので、公共機関をご利用ください。 お車で来られる方は、周辺のコインパーキングをご利用ください。 ●お問い合わせ先:NPO法人 ぴーす 電話 072-250-9060(時間10:30~16:30)

Leave a Comment

FX