堺市発行の『あい・ふぁいる』。 残念ながら配付された時のままお家で眠っていることも多いようです。 今日はその活用方法をお伝えし実際に記載していただく 『あい・ふぁいる』活用セミナーを開催しました。 ぴーすのデイや相談支援センターをご利用されている方は 各々の支援者さんとともに出ていただき、この盛況ぶり! お子さまの年齢が幼児のグループとそれ以上のグループに分かれセミナーを進めました。 幼児さんのグループは『あい・ふぁいる』を初めて手にされる方も多く、 ファシリテーターであるぴあリーダーが書き方やはさみこむ資料について具体的に説明し、 それに従い、順に記載を進めていきました。 もうひとつのグループはすでに『あい・ふぁいる』を途中まで記載している方もいらっしゃり、 個別に作成を進めていきました。 こちらのグループでは高校生の保護者の方もおられ、年金申請を経験された支援者さんから 申請に関わる具体的なお話を熱心に聞いておられました。 このように『あい・ふぁいる』活用セミナーは、今抱えておられる疑問や悩みなども 話し合える場でもあり、みなさん、終了時間が過ぎてもなかなかお話が尽きないご様子でした。 手にされた『あい・ふぁいる』にこれからどんどん支援者さんの資料をはさみこんでいき、 たくさんの人に見てもらってほしいと思います。 忙しい日常、家で『あい・ふぁいる』を書いている時間はなかなかとれないと思います。 ぴーすでは今後もセミナーを開きますので初めての方はもちろん、 2回目3回目のご参加も大歓迎! ぜひお友達も誘って一緒にご参加ください。 (記:かずちゃん)