ぽっしぇ店長ふくちゃんです~♪ 今年も大阪樟蔭女子大学の11人の女子大生(先生1人)のみなさんが「ICFと支援グッズ~障がいのある子どもの楽しい暮らし~」について学ぶため、ぽっしぇにお越し下さいました。 まずはみんなで自己紹介!お題は「好きな季節」「苦手なこと」「100万円当たったら?」。 女子大生という同じ属性の自分達も実に「多様」な個性を持っていることを実感してもらい、「共生」について考えていただきました。 次に店内の支援グッズ探索! 興味のある物について、スタッフから聞き取りをしてもらい、 あとで発表してもらうというお題です。 「あ~、これで女子みんなに教えてほしかった!」とアドプラスさんの『おんなのこのおていれ』を手に生徒さん。 「自己紹介の時に使ってもらったタイマーのアプリを見つけた!」とトーキングエイドfor iPad タイマーのパンフを手に生徒さん。 などなど、実際に触って、体験して、支援グッズの肝に触れてもらいました。 自分達もふくめ、人は誰しも「便利グッズ」や「ちょっとした工夫」を使って、 楽にやりたい事をやって、苦手なこと軽減して暮らしていることに 気づいてもらえたかなと思います。 障害のある子どもたちにこれから出会うであろう若い皆さん! お仕事に就かれ、悩まれたら、またぜひぽっしぇにお越しください♪ 皆さんを応援します!