クルクル回るものをずっと見ていたり、ピョンピョン飛んでみたり。 それの何が面白いんだろう?どうしてこんなことをするのだろう? 私たちにはなかなか理解出来ない子どもたちの行動に、 イライラしたり、止めてみたり、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 今回の小さなセミナーでは、そんな子どもたちの不思議な行動を、 皆さんから伺い、ホワイトボードに書き出してみました。 そして書き出した不思議な行動を、当事者の方の書籍と、 専門家の先生の資料から読み解いていきました。 当事者の方の書籍としてご紹介したのは以下の2冊。 「自閉症の僕が飛び跳ねる理由」と「学校コワイ」です。 当事者の方の言葉に、涙される参加者の方もいらっしゃいました。 続いて専門家の先生の資料を参考に、ちょっと専門的なお話。 11/30堺市手をつなぐ育成会の講演会に来られていた、 兵庫医療大学リハビリテーション科の有吉正則先生の資料です! とってもわかりやすい、為になる資料が見てみたい!という方が いらっしゃいましたら、ぱれっとにお立ち寄りくださいね。 ホワイトボードの青丸は、うちの息子がやっていた行動です。 そして赤丸は、今でもやっていることです。 こうしてみると減っていますね~~? 一度息子に、こうした不思議な行動について聞いてみたいと思います。 (記:ともちゃん)