Archive for 9月, 2010

報告:小さなセミナー 「スケジュールってどうつくったらいい?」

9月16日(木)に小さなセミナーを開催しました テーマは、「スケジュールってどう作ったらいい?」 保護者名、ヘルパーさん2名で、計6名の参加がありました~。 まずはスケジュールって、なんなのか、何故必要なのか、という事を 放課後クラブで使っているスケジュールや、見通しメモを使った具体例などみて ただきながらのお話でした。 次に、参加者の皆さんに、今悩んでいる事や感じている事をあげていただき、 皆で一緒に、考えていきました。 保護者の方だけでなく、ヘルパーさんにも参加していただき、 違う立場での思いを聞く事ができたことが、最大の収穫だったかな?と感じた回でした. ★☆参加者さんの感想★☆ ・スケジュールの使い方が、どのように・どのタイミングで行えばよいのかわからず に今回セミナーに出席させていただきました。 お母さん方が、今、スケジュールに ついて何に困っているのかや、失敗談、経験談を 聞かせていただくことで、子ども さんによって本当に違いがあるのだなと感じました。 また、続けて使うことの必要性も知ることができ、一回一回に反応するのではなく、 長い期間でどのように変化するのかを見ることが大切なんだと改めて思いました。 本日はありがとうございました。  (ヘルパーさんより) ・言葉で要求が出てくるようになって、安心していたのですが、 やはり不確実なことが多いので、基本にカードやスケジュールをすえて これからもコミニュケーションがとれるようにしていきたいと思います。 いろんなことに気づけまして。ありがとうございました。 (保護者さんより) みんなでワイワイ(#^.^#)ざっくばらんなこの小さなセミナー! 夏休み・冬休み以外は、ほぼ毎月いろんなテーマで開催しています。 ぜひ、お気軽にご参加くださいね~(*^^)v (記:まっちゃん)

Leave a Comment

ぽっぽ活動報告〈9.25~開館のようす~〉

★ぽっぽに、トーマスの新しいテントが登場!! 隠れ家的な場所が大~好きな子どもたちは、さっそく中におもちゃを 持ち込んで、遊び始めました。 スタッフが、入口から覗いてみると、 中には誰もいませんが・・・ ままごとセットがずら~り、並んでいます。 ケーキに、ピザに、フルーツに・・ ごちそうがい~っぱい お誕生会をしていたのでしょうね(*^_^*) アートな作品をご紹介! サラリと作って、さりげに去っていくAちゃんでした~。 ■■■ぽっぽよりお知らせ■■■ 10月は会場の都合により、お休みします。 今後の開館は、11月27日(土)・12月25日(土)です!

Leave a Comment

そして、今日も防災~♪

H22年9月24日(金)  大阪府立富田林支援学校の創立40周年記念してのPTAの取組み、 「防災勉強会」の講師として理事長:小田がお招きを受け、 「障がいのある子のいる家庭の防災」のテーマでお話をさせていただきました~。 1学期には富田林市の危機管理室の方をお招きしての第1回勉強会をされていて、 その第2弾として、「障害を持つ子・その家族はどんな備えをしたらいいの?」の声にお応えするものとして、 ぴーす小田にお声がかかったということでした。 障害児がいたら避難所なんて「無理、絶対無理!」って思ってられた方が多かったようですが、 「避難所の片隅にテント置かせてもらうのは?」 「シュラフ(寝袋)自閉症児は好きですよ~、首までファスナー上げて…って言っても、なぜか全部閉めちゃってます」 「お気に入りの布かぶって、キラキラするもの持たせて、デッキで音楽聞いてくれると1時間はもつ…」とか、 ナマの障がい児の実態を知っている当事者ならではのチョッとした工夫には、 笑いとともに、う~んそうか!って気づきがいっぱいだったようで、あっという間の2時間でした。  こちら、今回の勉強会を企画くださった富田林支援学校PTAの会長、  伊田さんと小田の2ショット…  ぴーす事務所にも何度も足を運んでいただいた熱ぃハートの方です。  この日は、伊田さんのつながりで、藤井寺支援学校や佐野支援学校のPTAの方々もご参加くださっていたとのこと~  防災のお話・ぴーすの活動を通じて、  こんなふうにいろんな方との出会いを、これからも大切にしていきたいと思っています。  富田林支援学校のみなさん、またぴーす事務所にあそびに来てくださいね~!                             (記:山まみ)

Leave a Comment

障がい児の防災について学ぼう!

毎年、防災の日のあたりに開催を…と考える防災勉強会。 今年は、ぴーすの連続勉強会のステップアップ講座として、9月17日(金)に開催しました。   講師は、理事長:小田多佳子。 最近は、兵庫・四国・和歌山・名古屋…などなど、近隣より「防災セミナー」の依頼を受け他市でお話させていただくことが多かったのですが、地元堺市では久々の開催となりました~。   会場には、保護者のみなさんをはじめ、行政・福祉関係や、神戸からは「人と防災未来センター」の研究員の方まで、幅広い立場の方々に参加いただきました~~。     障がい児を育てていると、日々の暮らしだけで精一杯… 必要とは分かっていても、 いつ起きるか(起きないか)分からない災害に備えて…と言われても、 「防災準備って大変なんじゃ~」と思いがち。   そこで、数年前、堺市により作成された、 災害時要援護者支援マニュアル「安心の第一歩」http://www.city.sakai.lg.jp/city/info/_kenfukusei/book.htmlを元に ぴーすが提案する「障がい児家族だからこそ」のお話しをさせていただきました。   ひとつひとつを聞いていると、 「これならできるかも!」 「なるほど~、目からウロコ」な話がいっぱいで 参加者さんは大きくうなずいてられました。 災害がおきたとき…家族だけで助け合えればいいのですが、                          家族だけではどうにもならない時だってあるはず。 周囲の人からの援助が必要なとき、どうやって上手にヘルプを出せるか…。 それは災害時とは関係なく、                                                 普段からの生活の中で上手に周囲に自分たちのことを知ってもらうこと。 そのためにはどうしたらいいか?という話も、 難しいことではなく、少しずつ取り組んでいけそうなことばかりでした。     最後に… 突然のムチャ振りで「専門家としての一言を…」 と、マイクを持っていただいたU研究員、   「災害時要援護者問題に取り組んでいると、障害のある方にとって住みよい町…というものは全ての人にとっての住みよい町づくりにつながるということに気づかされました…」とステキなコメントをくださいました。     ぴーすではこれからも住みよい堺のまちづくりとともに「障がい児の防災」について取り組んでいきたいと思っています。   ☆★参加者さんの感想より☆★   ・いつも何気なく生活していますが、今日お話聞かせて頂いて、 いつおこるかわからない災害の為にもっと考えていかないとと思い 出来る事から一つずつやっていこうと思いました。   ・“大きな地震はこないだろう”という気持ちがどこかにあるんですが、 いざという時には何もできないという事も感じさせられるお話でした。 そのためにも今日のお話(知識)があるとないとでは大きく違うと思います。 少しでも準備していきたいと思います。 まず、家族で話し合いたいと思います。ありがとうございました。     で、この日のホットニュース!! 10月9日(土)開催の「つながりづくり まちづくり」~みんなで考える防災~ in ビッグアイ [...]

Leave a Comment

9月のドロップス~♪

新学期始まってスグの週末、9月4日(土)ドロップスの活動日でした~~ まだまだ暑~~い午後、陽に焼けた笑顔が集まってきました! 第1グループの「おどる」… きょうだいでママの取り合いになったり、 ママとパパ、どっちとやろうかな~~って迷っていたり… とってもかわいく、ほほえましいシーンがいっぱいです。 こちらは、第2グループのおなじく「おどる」… チョッと前まで「チビッ子」だったボクたちも、 こうして見ると… おっきくなったな~~~と しみじみ。 ロッカーの上で…、イスのストックの中で…、ピアノのうしろで… しか ながめてられなかった ボクたちですが、 月日は流れ~~、ちゃんと足のせダンスになってます。 第3グループ、今月はお休みのメンバーが多く2名でスタート。 単独参加3回目のSクン。 スタッフと軽やかにおどっています。 絵カードのMyスケジュールも…だけど、 もう一人のTくん用の文字スケジュールの方も気になるようで、「ボクにも…」とリクエスト。 「はい、これがSクンのね…」と渡すと、「s○○○○」と名前を言って、スタッフにボクの名まえを書いて…と要求してくれました。 今回は、「書いて~」のリクエストが何度も見られました。 太鼓も ホラ、このとおり~~ 子どもたち、高学年になると「ひとりで…」の方が、「デキる」姿をいっぱい見せてくれるのかも… ということで、第4グループの母子分離をいよいよ本格始動する予定です。 またまた、どんな表情をみせてくれるか、楽しみです! 10月は16日(土)がドロップスの活動日です。 あ、11月は会場の都合によりお休みさせていただくことなりました。 (記:山まみ)

Leave a Comment

9月のぴっぴ2

9月11日(土)大阪市立科学館に行ってきました。 それぞれの感想と、スタッフからのコメントです。 ☆Kくん・・・プラネタリウム、いっぱいの星を見ながら学びました。 スタッフより♪ ○科学館内では、集合時間・場所を決めた後、別行動でしたが、時間通りに集合しました。 帰りはスタッフと仲良く会話をしていました。 ○4階展示場では回転棒に夢中でした(何回もしておどけていました)。 透明の中の仕組みが見えるピアノを弾いて、仕組みを楽しんで考えたりしていました。 また、宝石の原石や鏡の道などに何度も行っていました。 ☆Nくん・・・磁石の磁力線のヤツ、おもしろかった~ スタッフより♪ ○福島駅を降りてすぐ、リーダーのJくんと話しあって、昼食をマクドナルドに決定。 後は二人でリードして、科学館まで行きました。 ○「前に来たことある」と言いながらも、いろいろなことに興味を示していました。 ☆Jくん・・・プラネタリウムの彗星がおもしろかった。磁石のもおもしろかった。 スタッフより♪ ○Nくんと行動していました。帰りの電車では居眠りしていました。 ○福島駅で科学館への道がわからず、みんなで駅地図で確認して出発しました。 科学館へついた途端に「プラネタリウム見る!」とチケット売り場へ行っていました。 ☆Yくん・・・意外にやることがいっぱいあった。ボールを穴に入れて回るのがおもしろかった。 スタッフより♪ ○移動時はほぼマイペースでした。Yくんも帰りの電車では居眠りしていました。 ○スーパーボールのような遊びに夢中で、他の子どもさんがしているのを熱心に見ていました。 ☆Sくん・・・お休みでした ♪全体的に♪ ○全員、科学館内では集合時間・場所を決めて、守ることができました。 ○行きの電車の乗り換えで、スタッフから予定と違う電車を提案しましたが 急な変更でもみんな混乱なく、乗り換える事ができました。 ◎おまけ◎ リアルな石像が・・・(^^;) 子どもたちにいじくられてる姿も笑えます~ (記:junnmama)

Leave a Comment

小さなセミナー(9月10日)

夏休みはお休みしていましたが、久々に小さなセミナーを開催しました〜! 今回は「子ども紹介プリント作成会」キャンセルになった参加者さんもいて、 なんと今回はおひとりでの作成会になりました。 そのぶん、理事長の小田とマンツーマンで、みっちり(笑) ゆったりと作成していただけました。 今回の参加者さん、実は、 前回5月の同じテーマの子ども紹介プリント作成会にも参加していただき、 今回は前に作ったプリントを、さらにバージョンアップ! とても素敵なプリントが出来上がりました(^O^)/ 小さなセミナーでは、小田理事長はもとより、 講師役のぴーすスタッフと、ざっくばらんにいろんなお話ができるのも魅力! 今回の参加者さんも、理事長の小田と、 二人きりでいろんなお話をされたようですよ(^^ゞ みなさんも、この小さなセミナーに、ぜひぜひ、お気軽にご参加くださいね〜♪ 次回のセミナーは9月16(木)「スケジュールってどう作ったらいい?」です。 定員まで、まだ若干の空きあり〜。ご参加お待ちしています! お申し込みはお早めに〜(^O^)/ 〈参加者さんの感想〉 ☆二回目の参加で、今回は接しかたをかんたんに説明できるプリントを作りたくて… 口では上手に説明できないし、話してるとき子供がいれば「早くして〜!」と怒らるし、そういう時、ちょっと説明できるプリントがあればと思い、参加しました。てみたら、キャンセルもあり、小田代表と二人きりで、子供に対する親の考え方や気持ちの持ち方など、お話もできて楽しかったです。プリントの出来上がりは思った以上の出来で、「ちょっとしたサポートブック」になりました♪ありがとうございました。 (記:まっちゃん)

Leave a Comment

FX