Archive for 12月 25th, 2009

ぷらっしゅ <12月10日 e-AT勉強会 報告>

12月10日(木) 堺支援学校の同窓会館にて勉強会を行いました。 重複障がいの子どもの暮らしの支援において 大切にしたいことについて、 ぴーすの支援センター大西さんに お話をして頂きました。 参加者はぷらっしゅのメンバーと そのお友達でした。 前半はおもしろいICFのお話で、参加者の方達は「目からうろこ」体験をされたようでした。 後半はウェルドニッヒ・ホフマン病(乳児脊髄(せきずい)性筋委縮症)で 全身が動かない浦野晃一さんと、意思伝達装置のビデオを観せていただきながら、 障害支援とは「環境(人も含む)を改善していくこと」であると教えていただきました。 浦野晃一さんの暮らしぶりについて、紹介された記事をご紹介します 「機械さえ使えば、コミュニケーションができるのかといえば、 そうではないように私は思います。そこには、伝えたいと思う生活がなければなりません。」 by晃一くんのお母さん ●ASAHIパソコン 2003.5.1号: http://technosjapan.jp/catalog/pdf/asahipc200305.pdf (記:ふくちゃん)

Leave a Comment

ぷらっしゅ<11月18日 活動報告>

みなさん、こんにちは〜♪ふくちゃんです〜 本日、うれしいことがありました! 修理代10500円は痛かったけど、 11月のぷらっしゅ活動中にこわれたデジカメがなおって帰ってきました! ぷらっしゅメンバーのいい顔の画像と動画が抽出できたんです〜♪ そんな中からの1枚です ↓ 見学に来てくれた男の子で、遊んでいるおもちゃは「ドミノのトラック」です 本体には小さなスライドタイプのON/OFFスイッチがついていますが、 重度重複障がいのある子どもさんにとっては操作がむずかしいです 大人にしてもらうのではなくて、自分のタイミングで動かし遊べるように 大きな操作可能な外部スイッチをつないで、ひと工夫してあります こんな遊びから「自分が主人公の暮らし」がはじまります♪

Leave a Comment

FX