理事長・小田が講師をつとめ、12月9日に開催しました。 参加者9名それぞれが、その家の暮らしを快適にするための アイデアを求めて参加してくれました。 まずは、ひとりずつ今の悩みを話してからスタート。 お互いが、「あ~うちもそうだなぁ」と悩みを共有しながら 「家の構造化」の基本をお勉強しました。 改めて分かったのは、「子どもにとって」を全面に追及しるぎると 家族がしんどくなったり、窮屈になったりしてしまうもの。 家族との兼ね合いを考えながら、お父さん、 同居しているおじいちゃん、おばあちゃんの快適な居場所を確保することが 大事だなぁ、と考えさせられました。 「さぁ、どこをどんな風に工夫すればいいか?」 具体的な答えが見つかったら、お家に帰って実践ですね!(記:よっちゃん) <参加者の感想> まず家のかたづけが先だと実感しました。 わかりやすい家と言う言葉がとても印象にのこりました。 お父さんの居場所も考えてあげなければと反省しました。