堺最大級NPO情報発信サイト さかい Com*Com

さかいCom*com

堺市内で活動しているNPO団体の情報発信ポータルサイト"さかいCom*Com"です。

sakaicomcom

▼ NPOって何だろう?

▼ どんな活動をしてるの?

test
sakaicomcomlogin

コロナの影響で、3月から活動がとまってしまった

ぴーすボランティアによる[ぬくもり活動]も

6月から、各グループで再開。

それぞれが、たのしく活動しています。


グループの1つ『ぽかぽか工房』は

その腕を活かし、どんどん素敵なモノを作っています。


今日ご紹介するのは、その1つ。

児童デイぴころの玄関の

壁面の飾りつけ。

かわいい夏のムードになりました。


当日は5名が参加されました。
お子様の年齢層は、小1から中3まで。
参加者全員が「不登校児の親」であることが
心を解放される要素です。
自らが今の状況や悩みをお話ししつつ、
ほかの方の悩みに真剣に寄り添う感じが、とても暖かかったです。

この日、盛り上がったのは★給食費★
これって微妙・・、行ってないのに払ってる?
でも止めてしまうと、いざ行くとなったときに給食がないのもね・・。

あとは★お勉強★
しんどさを抱えているのに、家で勉強をさせるのは難しいよね。
本人がしたいならいいんだけれど・・。

こんな話題が『ゆるり』ならではです。

この日は
健康面・心の面を大切にして、したいことが見つかるといいね・・
を、みんなで共有しあいました。


参加された方の感想です。

「他の方の話を聞いて、
知らなかったことを聞けたり、対処法を聞けたり勉強になりました」
「なかなか普段人前では話せないですが
すごく話しやすい雰囲気で、話を聞いていただくだけで癒されました」
「何が変わるわけでもないですが
皆さんの今を聞かせていただいて刺激になります。
皆さんがんばってるなぁと、共感があると話しやすいです」
「時間が足りないくらいでした。
とっても楽しく色々な話も聞けてよかったです。ぜひまた参加したいです」

次回は10月13日(火)に開催予定です。

当日のマラソンは晴天に恵まれました。

気温は高く、熱中症が心配されるぐらいの灼熱の感がありましたが、
参加された方は元気に夏のマラソンを楽しみました。

皆さん 慣れていらっしゃるので
いろいろ工夫されています。

例えば
走る時間は短く、走り終えたら水分補給と、
体温を冷やす行動をとっておられましたよ。


地域活動支援センターぱれっとより、お知らせです。

コロナの状況が堺シグナル「ステージ3(要警戒)」であるのを受けて、当面の間、土曜日のプログラムは、密を回避するために、予約制にすることとなりました。

ご参加される方は、事前に電話等による申込をお願いいたします。

予約電話は、ぱれっと 072-250-9022までお願いします。


今シーズンから復活しました「鉄道クラブ」。

初回は2組4名の参加者でしたが
今回は、事前にお声掛けなど、案内させていただきましたので、
たくさんの親子さんで賑わいました。
コロナ感染拡大予防には最大の注意を払い、
検温、消毒、マスク着用、定時の換気を実行しています。

沢山のこどもさんがとっても楽しそうに過ごされていました。
驚いたことにトラブルなし!
室内にレールが張り巡らされているのですが、
列車の取り合いなどもなく大きい子が小さな子に譲ってあげたり、
教えてあげたりと、ほほえましいシーンがたくさんありました。

おかたずけの時間になると一斉に片付け始める皆さん。
初めての方も多かったのに、なんてチームワークが良いんだろうと感激しました。


 ※9月より、コロナ対策での密を避けるため
  プログラムは予約制とさせていただきます
  参加希望の方は、ぱれっとへお電話ください
 ※プログラムの都合で開催がなかったり変更もございますので
   必ずぴーすHPのカレンダーをご確認の上お越しください  

鉄ちゃんにはこの「連結」が、たまらな〜いっ!
 

踏切待ち。ラピート通過〜カッコイイ!



7月17日(金)は特別プログラム「中学校卒業後の進路」第二回 を実施しました。

この日お招きしたぴーすのボランティアである先輩母は、三人のお子さんのうちお二人に特性があり、
それぞれ泉北高等支援学校、西成高校(エンパワメントスクール)をご卒業されました。
そのお二人の高校についてはもちろん、就学前から現在までどのように進路選択をしてこられ、
どのように過ごしてこられたのか、じっくりお話をうかがいました。
現在長女さんは、21歳で支援学校卒業後からスーパーの品出しのお仕事に就き三年目。
全てを受け入れてくれている彼と二人で同居中とのこと!
次女さんは、18歳で保育士を目指し、専門学校で勉強中♪
とにかく盛りだくさんのお話でしたが、私が特に印象に残っているのはお二人とも、
自立に向けて着実に成長されているところです。
東京ディズニーランドが好きでよく女三人で旅行に行くが、宿泊費、食費その他すべて、
それぞれが自分で貯めたお金で!という徹底ぶり。
長女さんは職場の上司とうまくいかない時には高校の先生に自ら相談して解決されているし、
彼との生活において、特性ゆえに苦手な片付けやお掃除に対しては福祉サービス(家事援助)を導入。
「母がいなくなっても生きていける子になってほしい」という強い信念をお持ちで、それを体現されていることが本当にすばらしいと思いました。
しかしこんなお二人でも、小中学校の頃はとてもこんな風になれるとは思っておられなかったとのこと。
確かに、不登校を経験されていたり、特に学習面はお二人とも支援を要する状態でした。
そんな中、上手にお子さんの得意なところを生かしながらモチベーションを高めるように寄り添い続け、積極的に先生にもコンタクトをとられてきたのがよくわかりました。
参加者の方々からは
「実践的な内容でとてもよくわかりました」
「とても希望がもてるお話でした」
「子どもの希望を大切にしていきます」などの感想をいただきました。
さて、具体的な高校選び!ですが、これから少しずつ学校説明会が開催される予定ですので、ぜひ実際にパンフレットを手にとり現地に足を運んでみてくださいね。
最後に…
この日はお話が出ませんでしたが、このお母さんはこのお二人の特性のことや、それまでの歴史を『あい・ふぁいる』に、それはそれはきちんと整理されていて
「母がいなくなっても自分のことをわかってもらえるように」備えておられるんですよ!
この『あい・ふぁいる』のセミナーも秋以降に開催いたしますので興味のある方はお越しくださいね。
*『あい・ふぁいる』についてはこちらをご覧ください。
https://www.city.sakai.lg.jp/kosodate/hughug/taishou/shogai/guidebook/






先日、今年度初めての”情報かふぇ「ほっと」“を開催しました!



ほっとは「障がい児育児について情報が知りたい」「福祉サービスについて知りたい」
「先輩母とおしゃべりがしたい」などのご要望におこたえし、2ヶ月に1回OPENします♪



先輩母たちと近況やお悩みなど、ざっくばらんにおしゃべりしながら、
障がい児者育児の”HOTな情報が手に入る場所”であり、”ほっと一息できる場所“となれることを目指しています。


今回もソーシャルディスタンスに配慮した大きなテーブルを囲んでの座談会でしたが、
心の距離はとっても近くて、様々な話題が出ました。



コロナ禍のお子さんの様子や思春期、不登校、きょうだい児、問題行動への対応などなど…、



話が尽きることなく、2時間あっという間でした。


最後に「最近ふぁにぃでもzoomを使ったセミナー情報が多いよね」という話から、
zoomの使い方レクチャーまで!


こんな「ちょっと聞いてみたい」ということを気軽に聞いて、
自分の話や他の人の悩みを一緒に考え、おしゃべり出来るのも、ほっとのいいところ♪


次回は、
9/16(水)10:30~12:30
の開催を予定しています。


気になる!参加してみたい!という方は、是非お問い合わせくださいね。



第2週のしゃべり場も2回目となりました。


当日は3名が参加されました。



すっかり顔なじみになった皆さん、それぞれがしたいこともやりつつ、
「ミーティング」での会話はとても盛り上がるようになりました。



Dさんは午前中はUSJに言ってこられたとのこと。
ショーの様子を教えてくれて、買い物してきたマスコットキャラクターも見せてくれました。



ミーティングの直後、なんと!!再び☆まるたせんせ☆の登場。


この日は小さなお子さんも招待してマジックショーや歌の時間を楽しむことができました。

☆まるたせんせ☆は参加型のショーを大切にしておられるそうで、みんながぐいぐい引き込まれて

笑顔になっていくんです。ジャグリングも指導してくださるんですよ。



こつこつ続けることが大切、諦めたらそこで終わるので、とにかく練習をするんだよ!と優しく教えてくれました。



☆まるたせんせ☆ありがとうございました!
また来てくださいね。




【しゃべりば】は第2・第4土曜日。


13時~16時まで開催しております。随時見学も受け付けておりますので、気になる方はぜひお越しくださいね♪
※プログラムの都合で変更もありますので、必ずHPを確認の上お越しください。




地域活動支援センターぱれっとでは、
コロナ感染防止対策として、3密を避けるため
交流室を模様替えしています。



以前より部屋を広く使って、
みんなが座っても「人との距離がとれる」ようにテーブルを配置しました。



立ち寄る子どもたちのための『おもちゃ』も、部屋の一部に用意しています。



この模様替えを機会に、
ぱれっとの情報コーナーを大きく変更することにしました。



ポイントは3つ。


①堺市内の関係機関などのパンフレットを、いつでも持ち帰られるようにする

②堺市や近辺のサービス事業所のパンフレットを、たくさん閲覧できるようにする

③貸出図書をバージョンアップして、ミニ図書館を開始する



今年度一年かけて、順次整備していく予定です。



さて先日、わくわくワークの作業で、
ミニ図書館の整備してもらいました。


今ある書籍を整備しなおして、テーマごとに棚に並び替え!!!
とてもスッキリしました。


整備してくださったボランティアさん。
ありがとうございました。





平素はぴーすのサービスをご利用いただき、ありがとうございます。


各デイサービスの「令和元年度 自己点検・評価シート」を

弊所ホームページにて公開しております。


各事業ページ下部に掲載しております。

どうぞご覧ください。


ぴーすの児童デイぱんだはコチラ


ぴーすの児童デイあぽろはコチラ


ぴーすの児童デイぴころはコチラ