阪神淡路大震災のあった1月から東日本大震災のあった3月に多くなる 防災ワークショップのご依頼。 主催者さまだけでなく、参加される皆様の「防災意識の高まり」を 強く感じる時期でもあります。 今回は、大阪市の東住吉支援学校PTAさま主催の 防災ワークショップに伺いました~! 役員の方を含めて保護者の参加人数は26名! 準校長先生、担当の小学部の先生も一緒にワークショップに 参加してくださいました。 タイトルは 「災害が起きた!家庭と学校の連携は? しっかりワークショップで学びましょう!」 ということで、災害時にどうやって学校と連絡を取るのか? 特に通学バスに乗っている間に災害が起きたら?を一緒に考えました。 東住吉支援学校は、バス通学している児童・生徒さんだけでなく、 自力通学している方も! 中には毎月必ず確認して 「通学中に災害が起きたら、家が近くても学校に行く!」 ということを、お子さんに徹底されている保護者の方もいましたよ! また知的障害や発達障害の方だけでなく、 医療ケアの必要な児童・生徒さんもおられるとのことで、 電力の確保についても熱心に質問される方もいました。 先生方からは学校の現状や予定している準備などの説明もあり、 保護者の皆さんは安心されたのではないでしょうか。 一方で、見えてきた問題、課題もありました。 それを共有できたことがよかったです。 学校、保護者、そして子どもたちと一緒に、 これからも防災に取り組んでもらえればと思います。 東住吉支援学校の皆さま、ありがとうございました♪