Archive for the ‘連続勉強会’ Category

3/12 第8回 連続勉強会(最終回)

『障がい児のいる家族~きょうだい・父・祖父母の想い~』をテーマに行いました。 実体験の話を聞く度に、「うんうん」と、うなずいて聞いておられました。 また、きょうだいについては、涙しながら聞いて下さいました。 それぞれ(障がい児を取り巻く家族)の想いを改めて感じることが出来たのではないでしょうか? 今回で最終回となりました。 1年間、ご参加ありがとうございました(^^ゞ (記:連勉スタッフ)

Leave a Comment

2/5 連続勉強会

今年度 第7回目となる連続勉強会は 「グループトーク ~こどものこと。ご近所との関係~」というテーマでした。 インフルエンザの影響(恐るべし・・・)で、参加者は1名だけとなってしまいましたが、 スタッフと一緒に和やかな雰囲気で語り合いました。 少ない人数だからこそ話せる、というお話もできたのではないでしょうか? (記:連勉スタッフ)

Leave a Comment

1/11 連続勉強会

第6回目の連続勉強会を行いました。 『福祉制度について』をテーマに、理事長小田が講師役となり、 今回はぴーす内の職員研修も兼ねて行いました。 『福祉制度』というと、難しく考えがちですが、 「子どもにとって必要なサービスは何なの?」 「どうすればサービスを受けられるの?」 などを、わかり易く教えてお話してもらいました。 最後に、「母の愛情にとって代わるサービスは無い」というお話は、 受講した母の心に響きました。 (記:連勉スタッフ)

Leave a Comment

第5回 連続勉強会

報告が遅くなりました。 11月27日 第5回目の連続勉強会は、「ことばとコミュニケーション」を テーマに行いました。 《コミュニケーション=ことばのこと》と思いがちですが、 子どもそれぞれにわかる形を探りながら、ことばがあってもなくても 「伝えたい!」「伝わった!」という気持ちになることが一番!  講師の体験談も交えてのお話に、皆さんとても熱心に聞き入ってくださいました。 (記:連勉スタッフ)

Leave a Comment

連続勉強会

第4回目は、『みんなどうしてる? 身辺自立~トイレ・着替え・食事etc・・・』 のテーマで行いました。 なかなかうまくいかず、毎日のことだけにお母さんもイライラしがち。 母の決めた目標に向かって、子どもを頑張らせていませんか?の問いに、 「そうかも・・・」と頷く母の姿もありました。 からだの成長や感覚なんかも関係していることも。。。 お子さんに合わせて気長に焦らず、あきらめずにやっていきましょう~。 (記:連勉スタッフ)

Leave a Comment

連続勉強会

9月14日(金) 第3回目が行われました。 特別講師にぴーす小田理事長を迎え、 「知的障がいってなぁに?~実際に体験してみよう~」のテーマで行いました。 いろんな道具を使っての体験をとおして、「ウチの子ってこんな風に感じてたんだ~」 というのがわかりました。 「ちょっとした工夫で、子どもにより解りやすく伝えられる」ってことにも 気づいてもらえたかと思います。 支援員の方、お父さんの参加もあり、嬉しく思いました。 (記:連勉スタッフ)

Leave a Comment

6月29日。第2回連続勉強会

“進路について~就園・就学” を、テーマに勉強しました。 熱心に話を聞きながら、メモを取る姿も見られました。 (記:連勉スタッフ)

Leave a Comment

5月22日 第1回連続勉強会。

今年度最初の勉強会。 「こんな子育てやってます ~講師体験談~」をテーマに開催場所も新たに ぱれっとでスタートしました。 講師もスタッフも参加者さんも、みんなドキドキのスタートでしたが 講師の子どものビデオになると、笑いもおこり和やかな雰囲気で行うことができました♪ 次回は6月29日(金)、ぱれっとにて開催します。 皆さんのご参加、お待ちしてます~♪                                      (記:連勉スタッフ)

Leave a Comment

第8回 連続勉強会[2.8開催]

いよいよ、今年度最終回の開催となりました。 テーマは『障がい児のいる家族』 講師3名プラスゲスト講師2名のそれぞれの家族のありようを お話しさせていただきました。 笑いあり涙あり・・・でした。 この連続勉強会を支えてくれたスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした~ (記:つじちゃん) 一年間、足を運んでいただいた皆さん、ありがとうございました。 参加いただいた皆さんとの出会いを、これからも大切にしていきたいと思います。                              ~2011年度 連続勉強会スタッフ一同~

Leave a Comment

第7回 連続勉強会 [1.11開催]

今回のテーマは『参加者さんからの実践報告~こんなことやってみました~』 参加者さんにモデルになっていただき、 11月に支援センターのコーディネーターと講師がご自宅を訪問。 暮らしの中での『困った』ことについて、一緒に考え、 具体的なアドバイスをさせていただき、 実際に取り組んでいただいた結果、 子どもさんの様子や変化などを発表していただきました。 あと、スタッフが実際に家で使っている支援グッズ(スケジュールや歯磨きの手順など)を 展示して参加者さんに見ていただきました。 展示の写真をアップできればよかったのですが・・・ すみません。撮り忘れてしまいました。 (記:つじちゃん)

Leave a Comment

第6回連続勉強会[12.6開催]

テーマは「うちの子の将来って?~堺市の福祉制度」について 特別講師にぴーすの支援センター相談員の 松本尚子さんに来ていただきました。 高校生になるお子さんの今までの子育ての お話をしていただきました。 中学校・高校の話はなかなか聞く機会がなく、 貴重な体験談を聞かせていただきました。 制度については、幼児期には使えるものは少ないけれど、 参加者さんの子どもさんたちが大きくなったときに、 「こんな制度があるって言ってたなぁ~」と思い出してもらえたら いいなぁ~と思います。 (記:つじちゃん)

Leave a Comment

第5回連続勉強会[11月25日開催]

テーマは「ことばとコミュニケーション」 どうしても気になることばのこと 参加者さんから、日ごろのお子さんとのやりとりの様子を聞きながら お話を進めました。 ことばがあってもなくても、お子さんと愉快にコミュニケーション するには・・・?  暮らしの中での心がけをお話しました。 (記:つじちゃん)

Leave a Comment

第5回ぴーすの連続勉強会のお知らせ

第5回ぴーすの連続勉強会のお知らせです。テーマは『ことばとコミュニケーション』 「うちの子、いつになったらことばが出るの?」とか「ことばは出てるけど、どうも一方通行みたい」とか・・・ どうしても気になる『ことば』のこと。 『ことば』だけにこだわるのではなく、いろいろな方法で気持ちが伝え合えれば、 それって立派なコミュニケーション!「伝えたいことが伝わる」ヒントを探ってみませんか? ■日 時  11月25日(金) 10:45~12:30 ■場 所  堺市総合福祉会館 4階 第3会議室 ■対 象  内容は幼児対象ですが学齢期の方もOKです ■参加費  ぴーす利用会員:無料 / 非会員:300円 ■参加申込み:定員がありますので、必ず申し込みをお願いします。 「件名:連続勉強会申込み」とし、お名前・連絡先・参加人数・会員or非会員を明記してください。 (1)FAX:072-250-9061(ぴーす事務所) (2)ネットから:申し込みフォーム  http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P70408344 ■託児があります(定員あり、申し込み必要) ・場 所:3階 プレイルームにて ・託児料:子ども1人につき 300円 ・託児申し込み期限:、必ず 11月14日(月)までに ・託児申し込み方法:以下の方法でお願いします。 (1)FAXで申し込む場合:072-250-9061(ぴーすなかもず事務所) 参加/託児申込書に必要事項を明記の上、お申し込みください。 申込書は http://p-s-sakai.net/renbentakujimousikomi.doc から印刷できす。 (2)ネットから申し込む場合:次の専用申し込みフォームに入力し送信してください。 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P44634565 ●お問い合わせ:ぴーす事務所  072-250-9060(時間9:30~16:30) (記:つじちゃん)

Leave a Comment

第4回ぴーすの連続勉強会【10.25開催】

『みんなどうしてる?身辺自立~トイレ・着替え・食事etc』のテーマで行いました。 毎日のことでうまくいかないとお母さんもイライラしがち。 からだの成長や感覚なんかも関係して、なかなか進まなかったりもします。 『この夏中に!』とか『何歳までに!』と必死になるとお母さんも子どももしんどいです。 お子さんに合わせて、気長に焦らずやっていきましょうね~ (記:つじちゃん)

Leave a Comment

第3回ぴーすの連続勉強会〔9.27開催〕

第3回目は特別講師にぴーすの小田理事長を迎え 『知的障害ってなぁに?~実際に体験してみよう~』のテーマで行いました。 3つの体験をしていただきましたが、分かっているようで分かっていなかった・・・ 子どもってこんな風に感じてたんだという実際の気持ちを感じてもらえたと思います。 最後の話では、障害のある子って、何もできないと思われがちだけど、ちょっとした工夫があればちゃんと理解できるしコミュニケーションもできる・・・ ということに気がついてもらえたかと思います。 日ごろの子どもに対する接し方に反省。 『待つ』ことを大切にたい、との感想を書かれた方が多くいらっしゃいました。 (記:つじちゃん)

Leave a Comment

FX