【ぴーすの「感覚ワークショップ」のお知らせ】 知的障害や発達障害のある子・人は、独特の[感覚]を持っています。 視覚・聴覚・味覚・触覚などが独特であることから 「物を斜めから見る」 「キラキラ光るものが好き」 「耳ふさぎをする」 「偏食がきつい」 「大好きな毛布が離せない」 「すぐ裸になる」「クルクル回るのが好き」 などの不可思議な行動が多く見られます。 実は、これらの行動には、ちゃんとした理由があって、 その対応方法・支援の心構えがあるんです。 我が子の行動や癖、なぜそうなの?不思議だな~と思っているお母さん その謎をとくヒントがもらえるワークショップに参加しませんか♪ ★8月のワークショップの様子を画像つきで紹介しています。是非、ご覧ください~♪ ●日時:平成22年12月18日(土) 11:00~15:00の間で約1時間のワークとなる予定です。 (お申込み状況により、年齢・タイプによってグループ分けさせていただきます) ●場所:堺市総合福祉会館3F プレイルーム ●参加対象:小学1年生~中学3年生 ●定員:18名(お申込多数の場合、先着順とさせていただきます) ●参加費:ぴーす会員500円 非会員1,500円 ●申込み :メールもしくはFAXでお願いします。 メール p-office@p-s-sakai.net FAX 072-250-9061 (件名を「感覚ワークショップ」として) ・お名前・学年 ・障害名・手帳の等級 ・その他:同伴きょうだい児等あればお知らせください。 ただ好評受付中です。今回も定員に達したところで〆切となりますので、ご了承ください。 なお、受付完了した方には、ぴーすより「受付しました」お知らせがあります。 みなさんの参加、お待ちしています