さかいCom*com

堺市内で活動しているNPO団体の情報発信ポータルサイト"さかいCom*Com"です。

sakaicomcom

NPOって何だろう?

 

- 私たちの暮らしの中には、たくさんの「困った」があります。 -

 

 

 

例えば、
1人で子育て中のお母さんは、子どもが病気になったけれど、仕事があり困っています。
また、子育てのことでわからないことを誰に聞いたらいいか悩んでいます。

 

 

『・・・隣のお子さんが学校へ行けなくなったらしいけど、
悩んでいるお母さんお父さんにどうしてあげたらいいかわからない。
何か情報があったら教えてあげるのになぁ・・・』

 

 

『・・・バイトしてお金稼いで、毎日楽しく過ごしてても、
大学に入る前って、もっと人の役にたちたいと思ってた…。
何か情報があったら、すこしのぞいてみたいな…』

 

 

『・・・1人暮らしのお年寄りがいつも買い物に難儀しているらしい。
でも、声をかけにくいなぁ・・・』

 

 

『・・・毎日見ている土居川だけど、とても汚い。
何か私にできることはないかしら・・・。
何かしてあげたい。でも、どうすれば・・・』

 

 

『・・・退職して時間はたっぷりある。
毎日ゴルフってのも、図書館で時間をつぶしてるのも、半年で飽きちゃったよ。
仲間をつくって地域の役に立ちたいなぁ・・・』

 

 

 

そんなたくさんの、
色んな悩みをきっかけに、
自分でなんとかしようと行動する人たちがいます。

 

 

これらの「市民による自発的な地域の問題解決行動」を、
一般に市民活動やボランティア活動と言います。

 

決して「無報酬で社会や他人に奉仕をしたがっている人たち」ではありません。

 

 

自分にも関係する問題に巻き込まれたり気づいた為に、
見て見ないふりができないで、
放っておけなくなった人たちです。

 

 

そして、そのような活動をしている団体(組織)のことを、
企業と比較した場合「非営利組織(NPO)」
行政と比較した場合「非政府組織(NGO)」

と呼びます。

 

 

こんな風に、身近な市民活動団体のことも実はNPOやNGOと呼ぶのです。
(ここからはNPOという言葉を使って説明します。)

 

 

 

 

NPO(非営利組織)というと、「非営利を目的とする組織」と誤解する人がいて、
お金をいただかずにボランティアをする組織というイメージがあります。

 

 

しかし、たくさんの1人暮らしのお年寄りに食事をお届けするためには、
継続的にそれなりのお金が必要です。
堺にいる絶滅危惧種の野生生物を守るために情報誌を発行すると、
やはり資金が必要ですね。

 

 

「非営利」とは、
お金を扱わないという意味ではなく、
会社のように、
『利益が出たら、会社の所有者つまり経営者や株主の間で分配する、ということをしません』
という約束をした組織のことです。

 

 

 

では、余剰金が出たら、どうするのでしょうか?

 

 

もともとの団体の目的、
つまり、社会問題の解決のためにそのお金を使うのです。
それが非営利という言葉の持つ意味です。

 

 

「営利(利潤の分配)を目的とせず、社会的な問題の解決を目的とする組織」
それがNPOです。

社会問題の解決が目的なのに、
同時に特定の人たちへの分配を目的とするのはおかしいですよね。

 

 

多くの人々に賛同してもらい、
寄付や会費やボランティア(労働力の寄付)をいただきながら活動しているため、
組織原則として禁じているのです。

 

 

 

 

NPOの活動は、奥が深く、たくさんの幅広い活動があります。
福祉や環境の活動が有名ですが、
子ども関連の活動もたくさんあります。
高齢者の元気な活動もあります。
趣味を生かした社会貢献から、働く人中心のNPOもあります。

 

 

「さかいCom*Com」では、堺市内でがんばるNPOの情報を、「顔」が見える形でお届けします。

 

 

 

 

NPOの世界の入り口として、ご利用下さい。