研修報告 「緊急時対応について」

1月29日(金)よりあい金剛デイサービス看護師、山本様をお招きして、緊急時の対応について学びました。意識消失対応、異物除去などの基礎知識の確認ののち、実際にスタッフ同士で実技を行いました。

<参加者感想>
*文字とイラストを見て、知るのとは違い、実際に自分がやってみて体験出来たのでより勉強になりました。緊急時に対応するだけでなく、日頃からの注意、対応が、事故を未然に防ぐ事に繋がってると聞いて、身を引き締めようと思いました。

*頭で分かっていても、実際緊急時にパニックにならないで対応出来るのだろうか疑問ですが、介護に携わる者として冷静に対処したいです。高齢者の水分補給の大切さを知りました。

Filed under: ほーぷレター,研修・受講報告 — 55hope 10:35 AM  Comments (0)

認知症サポーター養成講座を受けて

一般的な生活の中でおこりうる事を事例に学べたのでよかったです。認知症の方との接し方が、良い例・悪い例で、映像で比べて見せてもらえたので、分かりやすかったです。実際に接する時に、すぐ活用できる事(後ろから声をかけない等)を学べました。
(間所)

12月11日(金)ほーぷサロンにて、第3地域包括支援センターの仲辻様をお招きして開催しました。ほーぷに関わりのある方すべてが「オレンジリング」を持ち、認知症への理解を深め、さりげない優しさと思いやりを持った接し方ができたら、少しでも誰もが住みよい街づくりに貢献できると思います。今後も開催していきます。(中島)

Filed under: ほーぷレター,研修・受講報告 — 55hope 4:55 PM  Comments (0)

研修報告 つどい場わっ香~知って得する講座~

「フットケア爪の切り方講座」マーガレットハウスにて
爪切り屋メディカルフットケア大阪 茂木先生

「爪切り屋?そんなお店があるのか」という方が殆んどだと思います。デイで利用者様の爪切りをしていますと巻き爪の方が多いので、スクエアカットをするようにしていますが、先生に「爪の切り方、足のケアの方法」を教えていただきました。

爪と皮膚の間をきれいにして消毒液で爪を湿らせてニッパーで少しずつ切り、次はガラスのやすりで爪の端から中心部まで。次は反対から中心部に最後は爪全体にやすりをかけていきます。足の爪は歩くためにはとっても重要であるのに不適切な爪の切り方をしているため、巻き爪になり歩行障害、転倒の危険性があること。

歩き方が本来の歩き方でないため魚の目、タコになったりすること。魚の目はやすりで削るという今までと違う方法でされ痛い思いをすることなく、痛みが無くなるというものは驚きでした。爪の切り方の勉強もさることながら先生の施術者としての姿勢、当たり前ですが不安、痛みを与えないために爪を切るときの施術者の位置や声掛けなどは学ぶところです。出来る限り自分の足で歩くためにも足のお手入れはしていきたいものです。

つどい場わっ香 徳永美智子

Filed under: 研修・受講報告 — 55hope 4:17 PM  Comments (0)

会議・研修報告

レクリエーション・セミナー
受講日:9月11日 主催:余暇問題研究所

私はいつもレクリエーションは苦手で、担当日は気が重いのは、今も変わりません。先月すすめられて(私自身もいつも必要だと思っていました)、セミナーに参加しました。

いろいろな地域から総勢30名の参加者が集まっておられました。ひとグループ6名になった時、休憩時間にお互いに少し職場の話など聞くことができました。その方は、以前病院に勤めておられたとのことでしたが、今はグループホームにお勤めでした。一人で、送迎、食事の買い物、調理、夜勤と夜勤の後は日勤とハードスケジュールです。そう聞いて、本当にびっくりしました。

セミナーは先生の講義、体操、ご自分が病気をされて、病院で過ごした時の経験など、内容の濃いものでした。ここで覚えた、リズム体操、ゲーム遊びなど、しっかり自分で身につけ、日々ほーぷでの仕事に役に立てていければと思っています。 (大川)

Filed under: 研修・受講報告 — 55hope 9:36 AM  Comments (0)

研修報告 「レクリエーション・セミナー」

<講義>楽しいレクのためのチームワーク
チームワークを成立させるためには、コミュニケーションが必要。正しい姿勢を心がけ、目を見る。軽く微笑む。頷く。相槌を打つ。これは利用者様に対しては常にできていることと思うが、スタッフ同士でも努力が必要。

<実技、演習>グーパー数かぞえ、後出しグー・チョキ・パー体操、手合せ耳と鼻、トントン・パッ体操、清正ジャンケン、サファリ、紙コップとピンポンで楽しむ、歌体操
レクリエーションの実技は楽しく、ゲームなどは思わず乗り出して参加しました。利用者さんにそのように楽しく参加していただけるよう、自分自身が楽しんでレクリエーションが実施できるように今後も取り組みたいと思いました。有意義な研修に参加できたと思います。(石川)

Filed under: 研修・受講報告 — 55hope 6:34 AM  Comments (0)

会議・研修報告

10/1 S-Cubeセミナー

10/2 事務局会議、マネ担マーケティング部門会議

10/6 「いじめSTOP」研修

10/7 マネ担ミッション部門会議

10/8 マネ担マネー部門会議、S-Cubeセミナー

10/9 事務局会議、ほーぷレター編集会議、 全体会議、運営会議

10/15 福祉WCo.連合会、S-Cubeセミナー

10/16 サロン運営委員会、地域交流担当者会議、 事務局会議

10/19 マネ担マーケティング部門会議、 関西WCo.連合会 運営委員会

10/21 ヘルパー会議・研修

10/22 ほーぷレター編集会議、S-Cubeセミナー

10/23 事務局会議、運営会議

10/29 S-Cubeセミナー

10/30 事務局会議

Filed under: 研修・受講報告 — 55hope 6:28 AM  Comments (0)

研修報告(水田)

「臥位と座位の姿勢管理 褥瘡・拘縮を防ぐケア 腰痛から身を守るケア」
講師:適寿リハビリテーション病院理学療法士 栄健一郎氏

昨年の6月に厚生労働省が19年ぶりに社会福祉施設の腰痛予防対策を改定し、指針の中に、人による人の抱え上げ(お姫様抱っこ)は行わないこと、福祉用具(機器・道具)を積極的に使用することが盛り込まれました。でも、実際現場では?まだまだ介助者は腰に負担をかけています。

力まかせの移乗介助は、利用者には過度な筋緊張や褥瘡を発生させ、活動性を低下させる。介助者は、腰痛など発生、休職、離職により、人生プランの変更、お互いHAPPYになれない。お互いHAPPYになる為に、常にアンテナを張って、ちょっとの時間と工夫とお金を惜しまず、環境を整え、介助者の意識と技術の向上が不可欠なんだと思いました。

Filed under: 研修・受講報告 — 55hope 3:15 PM  Comments (0)
FX