ボランティア通信

アロマ教室講師 堀田邦子さん

Q.アロマ講師はいつからされていますか?
A.2005年にアロマ講師の資格を取得しました。

Q.アロマ講師になったきっかけは何ですか?
A.1995年にアロマを始め、最初は足つぼ、ボディなどの施術から始めました。アロマのことをもっと勉強してみたくなり、講師の資格を取得しました。

Q.ほーぷのアロマ教室は始まって何年ですか?
A.2011年1月に始めたので今年で8年目になります。

Q.ほーぷのアロマ教室ではどのような事をしているか教えて下さい。
A.アロマをもっと身近にと思い、生活に役立つもの、そして手作り化粧品などを作っています。あとはハーブティーを飲みながら、ハーブティーの効能の説明やおしゃべりをしています。

Q.ほーぷのアロマ教室の感想を教えて下さい。
A.長年、アロマ教室に通われた方達は今では自分の化粧品を買わずに精油などを使った化粧品を自分で作られています。アロマに関心を持って頂き本当 に嬉しいです。何でも手作りというものは楽しいと思います。


アロマ教室
毎月第4土曜日10~12時
ほーぷサロン

Filed under: ほーぷレター,ボランティア通信 — 55hope 1:24 PM  Comments (0)

ボランティア通信

歌サークル講師の西村先生・三嶋先生

Q.ほーぷの歌サークルはどのようにはじまったのでしょうか?
A.まだディサービスもない頃、ほーぷ広場で、歌を楽しむ会を作りましょう!と、ほーぷのメンバーの中で、歌のお好きな方々が作ってくださいました。最初は、手作りの譜面集を使っておりました。(歌サークル担当)

Q.歌サークルの進行の様子をお聞かせください。
A.明るく元気な歌サークルでは、皆さまとともに、毎回25曲ほど楽しく歌っていただいています。「ドレミの歌」で発声練習、毎月のお誕生日の方にハッピーバースデーを歌います。歌集の中から、順にご自分のお好きな曲をリクエストしていただきます。曲に纏わるエピソードや懐かしい思い出話を伺い、コーヒータイムでもさまざまなお話に花が咲き、和やかなひとときを過ごし、「今日の日はさようなら」で締めくくります。 (歌サークル担当)

Q.歌うことや音楽の楽しみ素晴らしさについて ひとことお願いします。
A.歌と共に、その当時の事を感じ、触れる事ができます。(三嶋先生)
 色々な歌(季節の歌や、恋の歌、故郷の歌や悲哀に満ちた歌)を一緒に口ずさむ事で気軽に、想いを同じく出来るひと時を過ごせるのが、いいですね。(西村先生)

Q.うたサークルに参加されている皆さんへの思いをお聞かせ下さい。
A.懐かしく、ほっこりしながら、ピアノ伴奏が出来て、幸せです♪これからも、皆様と一緒に歌い続けたいです。よろしくお願い致します。(三嶋先生)
 参加の皆さんの、想い出の歌や、お好きな歌が垣間見れて、私の中では毎回が刺激ある時間です。少しでもノドが楽な高さで歌っていただける様、心掛けていきます。(西村先生)

歌サークル
開催日時:毎月第2・4木曜日13:30~15:30
 

Filed under: ほーぷレター,ボランティア通信 — 55hope 2:59 PM  Comments (0)

ボランティア通信

俳句教室講師 田中和子さん
<プロフィール> 鳥取出身 教員を経て昭和30年大阪へ。昭和46年泉北ニュータウン住民となり泉北地域の文化活動に大きく関わる。昭和55年「南大阪俳壇」の事務局の労をとりながら泉北まつり・堺まつり協賛俳句大会開催。泉北俳壇を創立した。昭和58年7月、泉北俳壇は大阪府知事賞受賞。 泉北ニュータウン20周年記念に桜井神社絵馬堂に俳句絵馬奉納。平成元年堺市文化団体連絡協議会文芸部会入会。平成29年度憲法施行記念並びに知事表彰受ける。
俳句教室
第4水曜日
13:30~15:30
参加者は現在14名
明るく楽しい教室です、見学はいつでもお越しください。

スタッフの森内さんが田中さんに「俳句教室をやってみませんか?」とお願いして始まった教室ですが、今年の9月で丸3年になりました。

Q、俳句の面白みとは何でしょうか?
A、季語を入れ替えてみる。

Q、俳句を始めようとする人へアドバイスをお願いします。
A、新しい自分を見つける。

Q、俳句教室について一言お願いします。
A、皆さん熱心でお休みすることなく、ずっと続けてくださっているので、こちらも休まず頑張りたいです。

Filed under: ほーぷレター,ボランティア通信 — 55hope 4:06 PM  Comments (0)

ボランティア通信 07

佐渡さんにお聞きしました。

Q)ボランティアを始めたきっかけは?
A)少しでもほーぷに来られた方のお役に立てれば良いかと思い、自ら申し出ました。

Q)具体的に何をしていますか?
A)麻雀サークルの担当に加えて、歌サークル、ゆったり会、俳句教室のお茶の用意や片付けなどをしています。

Q)やりがいは?
A)ほーぷに来られた方に「楽しかった、ありがとう」と言ってくださると、嬉しくやりがいを感じます。

Q)これからどうしたいですか?
A)ほーぷに来て、笑顔・元気になって帰って頂いたらホッとします。これからも皆さんに心をこめてお手伝いしていきたいです。

Filed under: ほーぷレター,ボランティア通信 — 55hope 4:29 PM  Comments (0)

ボランティア通信 06

長い間続けていた地域福祉と民生委員の定年を迎え、何か違うボランティアをしたいと思っていた時に、歌サークルのお手伝いのお誘いを受け、歌が大好きですので参加させて戴く事にしました。とっても楽しく、ちょっとむつかしく、皆さんと歌を通して有意義な時間を過ごしています これからも前向きにいろいろな事に挑戦して、楽しく人生を送りたいと思っています。
*現在生涯学習で帝塚山学院で2講座*関大で1講座受講中です。(花岡)

ボランティア受入評価の報告
2016年3月分のボランティア受入評価益/評価費用は、46,870円でした。

Filed under: ほーぷレター,ボランティア通信 — 55hope 1:42 PM  Comments (0)

ボランティア通信 05

ほーぷと共にいつの間にか17年。歌サークルは発足時より、お手伝いさせて頂いています。最近では歌つながりでデイサービスのハーモニカ演奏のボランティアも。声を出して唄う事、それは利用者の皆さんの笑顔や元気を生み出し、やがて会話も弾んできます。歌の力のすばらしさを実感し、一緒に楽しんでいます。お花が好き、歌が好き、そしてお喋りが好き。いろんな方との出会い、ご縁を大切にこれからも自分なりに笑顔を繋げるお手伝いが出来ればと思っています。(杉本敏子)

Filed under: ほーぷレター,ボランティア通信 — 55hope 5:31 PM  Comments (0)

ボランティア茶話会 ~歌のサークル編~開催報告

1月25日(月)13時半~15時、ほーぷサロンにて、「歌のサークルボランティア茶話会」を開催しました。歌のサークルの担当の山室さん、ボランティアの小阪さん、佐渡さん、杉本さんが参加され、ボランティアコーディネーターを交えて、歌のサークルの成り立ち、ボランティアに関わったきっかけ、歌のサークルへの思いなど、お聞きしました。

現在、18、19名ほどの参加者があり、10年も続いているサークルで、毎回皆さん楽しみに来られ、「ああ楽しかった」と満足して帰っていかれている様子がお話の中から伝わってきました。担当の方、ピアノ伴奏の先生、ボランティアさん、参加者の方、皆歌が大好きで、それぞれに持っている力を十分に発揮されチームワーク抜群!

お花や、お菓子、お茶、おしゃべりなど歌以外のところにもさまざまな工夫、細かい心配りがされているところに、歌サークルの人気の秘訣があるようです。他のサークルを見学に行ったりもしたい、送迎、ランチもあったらいいかな?発表会や記念誌の発行はどうだろうと今後の抱負も語っていただきました。

みなさん、健康で元気な内は続けたいと意欲的。今後も皆様に愛される歌のサークルを続けていってくださいね!

Filed under: ほーぷレター,ボランティア通信 — 55hope 10:32 AM  Comments (0)
FX