保険外ヘルパー利用者様の声 ほーぷとともに歩む

文:山下美和子様、山下瑞穂様

ただ、感謝あるのみ

約20年近く、ほーぷさんの設立当初より2018年の現在に至る今日まで、一度も絶える事無く、近大病院までの往復と治療時間中、更に余計に病状が悪化しそうになる長い長い待ち時間を常に微笑で、嫌なお顔を一切見せずに、フルに付き添いケアをして頂いています。
ほーぷの皆様には、ただただ、感謝あるのみです。妻、美和子が車椅子しか生活手段が無くなってから、はや14年になりますが、そうなると通院する日は朝からその支度が大変です、想像を絶するような、こんなささいな事までの介助が必要なのかと思われるような身体障がい者が相手となります。
特に妻は関節リウマチの患者ですから極端な痛みを訴えます。これには言うほうもつらいだろうが聞くほうも同情を禁じえません。介助のお仕事に従事されている方は痛みを与えない大変な気配りが肝要です。夫婦揃って口先は達者です、認知症にもなりそうにもありません。まだまだ、5、6年は長生きしそうですので、おそらく妻が85歳以上、小生が90歳を超えそうです。それまでずぅっとほーぷさんにお世話かけそうですが良いでしょうか??
ちなみに私もほーぷさんの交流事業の中で2つのサークルに参加させてもらっています。

Filed under: お知らせ,ほーぷレター — 55hope 2:52 PM  Comments (0)

ケアマネだより(第17回)~いつも笑顔で~

私はバイクに乗っています。バイクは、便利で、涙を流しても、風にのせてくれます。 今年も桜は見れそうですねと、2月に話したTさん、病室から桜が見えたかなぁ。癌が次々転移しても決して諦めず、抗ガン剤の副作用に耐えてこられました。抗ガン剤がもう使えないと言われても、「いや、まだ生きたい、90歳まで生きる」と強気でした。面と向かってはケンカばかりする奥様に、本当は感謝いっぱいで、私には、何度も「自分は良い妻をもって幸せ」と話されていました。桜が散り85歳の生涯の幕を静かにとじられました。コブクロの桜の曲が流れる中、お別れしました。生きるという意味を教えてくれてありがとうございました。奥様にお気持ち確かにお伝えしましたよ。 (西薗真貴)

4月の「ゆったり会」のご案内

ゆったり会 「ふまねっと運動体験」

4月27日(金)13時30分~ ほーぷサロンにて
認知症予防、歩行バランスの改善に効果的な「ふまねっと運動」を体験します。動きやすい服装で、上靴をご持参ください。
参加費:300円
お申込みはほーぷサロンまで TEL370-2561

本の紹介と5月の読書会のお知らせ

4月の読書会はお休みします。

5月は、今年亡くなったアメリカのファンタジー作家、アーシュラ・K・ル=グインの『影との戦い』を取り上げます。

老いも若きも「(ほんとうの)自分探し」を強いられる現代日本において、生きづらさを感じる方は多くおられます。自らのを呼び出してしまい、それとの果てしない戦いに引きずり込まれたゲドはどうしたのか? ジブリ映画とはまったく異なる原作に、触れてみませんか。

☆第88回読書会:5/12(土)10時半~12時
テーマ:『影との戦い』、ファンタジー作品

6月以降は、白石恵美『「中国残留孤児」帰国者の人権擁護――国家という集団と個人の人権』、カズオ・イシグロ『忘れられた巨人』、石牟礼道子『苦海浄土――わが水俣病』を予定しています。

※課題本以外の本のご持参・ご提案も大歓迎です。

☆読書会
開催日時/第2土曜日10:30~12:00
開催場所/ほーぷサロン
参加費用/一般参加600円・利用会員500円

ふまねっとフォローアップ研修報告


3/3(土)大阪で初のふまねっと運動フォローアップ研修会に参加しました。北海道から講師の北澤先生。神戸、和歌山と遠方からも参加があり、インストラクターが一生懸命になりステップの習慣が目的になっていないか!?など、活発な意見交換ができました。

ふまねっと運動は何度も集まり練習を通じた交流が大切であると再確認しました。全員ができるようになるまでくり返し練習して早くステップができるようになった方は、まだの方を応援するなど「仲間と歩む、健康づくり」です。
ステップに少しずつ課題を追加して同時に行う「二重課題運動」がなぜ認知症予防、歩行改善になるのか?

ふまねっと運動は7つの課題を同時に行います。
①歩く(運動)②あみを踏まない(注意)③ステップを覚える(記憶)④ゆっくり歩く(重心移動調節)⑤リズムに合わせる(協調動作)⑥手拍子をする(注意の分配)⑦歌をうたう(交流)・・・脳神経活動を活発化させることです。
毎週1回、8週間継続し参加された方々は認知機能、歩行機能が有意に改善されたとの報告があります。
今後、高齢者の健康づくり、助け合える町づくりに行政や企業と連携して「認知症講座とふまねっと運動体験会」を実現させたいです。

ボランティア通信

ほーぷレターご愛読の皆様へ

約3年間ほーぷレターに『ボランティア通信』を掲載し、ご愛読いただいたことに心からお礼申し上げます。誠にありがとうございました。
この3年間に「NPO法人福祉ワーカーズほーぷ」で活躍されているボランティアさんの活動内容や思いを会員の皆さん、そしてほーぷレターのご愛読の方々、およびスタッフ、ボランティア相互の間に広く知っていただきたく約30名の方々を紹介させていただきました。
ボランティアさんにインタビュー方式でご登場いただき取り組みの内容やお気持ちを伝えてまいりましたがほぼ一巡し、所期の目的は達せられたと思っています。

そのあと「ほーぷ広場」および地域交流活動における各先生方の取り組み、エピソードなど紹介してまいりましたが平成30年3月号で完了いたしました。つきましては、本号をもって「ボランティア通信」を終了いたします。
インタビューおよび記事編集に携わっていただきました方々、ならびに取材等にご協力いただきました皆様に厚くお礼申し上げます。
なお、今後はスポット的に掲載する予定ですのでよろしくお願い申し上げます。

ボランティアコーディネーター 石川、西薗、菅枝、桐村、佐渡、松本、中島
記事編集 一森

Filed under: ほーぷレター,ボランティア通信 — 55hope 3:08 PM  Comments (0)

ワーカー日誌 松本知子さん

1月からお世話になっております、松本と申します。
こちらで初めて生活援助のお仕事をさせて頂いたので、最初は緊張の連続でしたが、今は少しずつ慣れ始め新鮮な毎日を送っております。
ほーぷの方々は温かい方ばかりで初心者の私にも大変良くして下さり、感謝しております。また今後ともよろしくお願い致します。

Filed under: ほーぷレター,ワ-カー日誌 — 55hope 3:06 PM  Comments (0)
FX