デイサービスほーぷ祝5周年!

2012年7月2日にオープンした「デイサービスほーぷ」が、2017年7月2日で、丸5周年を迎えました。 多くの皆様のお力添えの下、手探りながら進めてきたデイサービスが5年続けられましたこと、大変感謝しております。
7月の1週目は、いつもお弁当を提供してくださっている「つむぎ屋」さんにお願いして、ちょっと豪華なお祝い弁当とケーキで利用者様とともにお祝いをしました。また、いつもお世話になっているケアマネ様、ボランティアさんなどにささやかなお礼の品物を贈らせていただきました。
日々、利用者様とともになごやかに楽しく過ごせるデイサービスをこれからも続けていきたいと思っております。今後ともよろしくお願いいたします!!

Filed under: お知らせ,ほーぷレター — 55hope 4:31 PM  Comments (0)

本の紹介「しずこさん」

表紙の「しずこさん」の写真が若い頃の母に似ている気がして、思わず購入しました。
直線立ちのワンピースやビーフシチューは、母が「暮しの手帖」を見ながら作っていたような気がします。ミルクティーは「ポットに一つ、あなたに一つ」と言いながら入れていたし、ストーブは「ブルー・フレーム(アラジン社)」を使っていました。
私自身は、ほとんど読んだ記憶がないのに、母を通して私の中に「暮しの手帖」が息づいていることに気づき、なんだか不思議な気持ちになりました。「女の人を元気にしたい」と考え、「物やお金がなくとも、暮らしをもっとおしゃれに豊かにする知恵と工夫を集めた雑誌」を創った大橋鎭子さん。私にとって、ほーぷに関わっている方みんなが“大橋鎭子さん”に思えてきて、にんまりしています。本物の大橋鎭子さんはどのように生きていかれたのか・・・まずは明日の朝も見なくては・・・。
(森嶋直子)

ケアマネだより(第15回)~いつも笑顔で~

ハーバード大学で幸福な人生の研究が75年かけて行われ、その研究の発表がありました。自分が幸せと感じるのは、家族や友人、コミュニティなどの関係の持った人とのことでした。
素晴らしい!それは今からできること、色々な人とかかわりましょう、色々な関係を作りましょう、人は皆一人では生きていけないものだから(・・・懐かしい歌詞) (西薗真貴)

ボランティア通信 07

佐渡さんにお聞きしました。

Q)ボランティアを始めたきっかけは?
A)少しでもほーぷに来られた方のお役に立てれば良いかと思い、自ら申し出ました。

Q)具体的に何をしていますか?
A)麻雀サークルの担当に加えて、歌サークル、ゆったり会、俳句教室のお茶の用意や片付けなどをしています。

Q)やりがいは?
A)ほーぷに来られた方に「楽しかった、ありがとう」と言ってくださると、嬉しくやりがいを感じます。

Q)これからどうしたいですか?
A)ほーぷに来て、笑顔・元気になって帰って頂いたらホッとします。これからも皆さんに心をこめてお手伝いしていきたいです。

Filed under: ほーぷレター,ボランティア通信 — 55hope 4:29 PM  Comments (0)

ワーカー日誌(第59回)野口千枝子さん

若葉の緑が目にしみる季節、久し振りに、中山寺方面への山歩きを楽しんで来ました。
この時季に道の駅等に並ぶ山菜の料理も大好きです。
ほーぷのお仲間入りをさせていただき2年。「ほーぷのちびっこ広場」でスタッフ託児のお手伝いと、地域交流では折り紙教室を担当しております。ほーぷには、多才な方が多く、皆様の行動力には、何時も感心しております。
まだまだ分からないことばかりですが、よろしくお願い致します。

Filed under: ほーぷレター,ワ-カー日誌 — 55hope 4:24 PM  Comments (0)

ケアマネだより(第14回)~いつも笑顔で~

今年の桜はとてもきれいでした、近くの桜の一番咲きは竹城台センターバス停、今年も見ていると、近所の方が、亡きK先生もよく見に来られていたと、懐かしく話してくださいました。

桜がきれいな時、毎年ほーぷに来てくれる利用者様と、もう17年間のおつきあいね、と笑うこともできました、もうすぐ桜が散るので見に来て下さいと電話があり、お庭の桜を一緒に眺め、ご主人がそこにいるような感じがしました。皆さんと共に過ごす季節に感謝いたします。大きな震災が起こり、被災された方にまだお見舞いもできませんが、熊本のケアマネが一人暮らしの方の安否を確認しに走っている姿が目に見え、いつ起こるか分からない災害を危惧しております。直接被害がない方も余震のたびの緊急ベルで寝不足と聞いております。日々の体調の維持は大変なことと察します。

さて、5月より、介護サロンをひらきます。一緒にお茶を飲みながら、気楽に介護について話し合えればと考えております、私も勉強します。よろしくお願いいたします。そして、いつもYさんがラジオ深夜便の冊子を届けてくれるのですが、その4月号に、認知症の介護は、{褒めて、触れる、ハグしてあげる}とありました。うーん、子供やペットはできるけど、父や母、夫と、妻、この関係でそこまでいくには葛藤があるのが現実です。ゆっくりと受け止めていきましょう。(西薗)

無料☆講座行います!
介護サロン詳しくはコチラ
介護にかかわる、年10回のシリーズ講座

知っているようで知らない健康講座詳しくはコチラ
健康医療にかかわる、年10回のシリーズ講座

ボランティア通信 06

長い間続けていた地域福祉と民生委員の定年を迎え、何か違うボランティアをしたいと思っていた時に、歌サークルのお手伝いのお誘いを受け、歌が大好きですので参加させて戴く事にしました。とっても楽しく、ちょっとむつかしく、皆さんと歌を通して有意義な時間を過ごしています これからも前向きにいろいろな事に挑戦して、楽しく人生を送りたいと思っています。
*現在生涯学習で帝塚山学院で2講座*関大で1講座受講中です。(花岡)

ボランティア受入評価の報告
2016年3月分のボランティア受入評価益/評価費用は、46,870円でした。

Filed under: ほーぷレター,ボランティア通信 — 55hope 1:42 PM  Comments (0)
FX