12月の交流カレンダー


↑ 画像をクリックしますと、大きく見れます。

(^^)地域交流のお問合せ、各サークルへのご連絡は、平日13~16時の営業時間内にお願いします。午前中は留守番電対応になります。
TEL370-2561

Filed under: お知らせ,ほーぷレター — 55hope 2:53 PM  Comments (0)

本の紹介と7月の読書会のお知らせ

7月は、朝日新聞選「平成の30冊」の中から、『生物と無生物のあいだ』(福岡伸一、2007年)を取り上げます。私たちにとっての「平成のサイエンス」の代表格は、iPS細胞かもしれませんが、平成のサイエンス本の最高峰(しかも読みやすい!)の1冊は、これかもしれません。
生物は、流れゆく分子が、ひとときそこにとどまる「淀み」にすぎない。そう理解すると、いまここ・この私のかけがえのなさや永続性、秩序と統合性などに気づかされる気がします。この機会に、「かつて話題だった本」と他者に出会ってみませんか?(中村)

★第100回読書会:7月13日(土)10:30~12:00
福岡伸一 『生物と無生物のあいだ』

※課題本以外の本のご持参・ご提案も大歓迎です。

☆読書会
開催日時/第2土曜日10:30~12:00
開催場所/ほーぷサロン
参加費用/一般参加600円・利用会員500円

5月の地域交流カレンダー


↑ 画像をクリックしますと、大きく見れます。

Filed under: お知らせ,ほーぷレター,地域交流 — 55hope 2:38 PM  Comments (0)

保険外ヘルパー利用者様の声 ほーぷとともに歩む

訪問援助ご利用 澤様

主人が訪問介護サービスを利用している時に、私が脳出血で倒れ、入院することなりました。
身体の半分の感覚が失くなり、言葉も出にくくなり、とても辛い状態でしたが、リハビリを頑張り何とか退院することが出来ました。退院後も主人の介護と、自分自身のリハビリも続け、ヘルパーさんにも来てもらうようにしました。
今も思うように話せず、いらいらすることもありますが、言いたいことを理解しようとしてくれているので、何とかやれています。
数年後、主人が亡くなり引越しをすることなりました。引越しの手続きや、荷物の整理、区役所や病院、銀行への付き添いをはじめ、年賀状作成なども助けていただいています。
ほーぷさんとの関わりがあったお陰で、ここまでこれていることに感謝の思いでいっぱいです。本当にありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

Filed under: お知らせ,ほーぷレター — 55hope 2:54 PM  Comments (0)

保険外ヘルパー利用者様の声 ほーぷとともに歩む

訪問援助ご利用 S・M様

若かりし昔、米寿のおばあさんにお目にかかり、よくぞここまで生きられたと、感心したものでした。なのに自分が今年米寿を迎へられ、 不思議とも信じられぬ心地です。でも振り返って見ますに、多くの方々のお力や支えを受けたお陰と改めて感謝致して居ります。
又有難い巡り合せに、ほーぷさんにお世話になることになり、本当に本当に嬉しく安心の日々。周囲に話し合い通じる人もなく、空しく淋しく感じて居りましたが、いろいろ私の話(老いのぐちも)に耳を傾けて頂けることは、お仕事もさることながら、全面的に御信頼申し上げられ、お人柄も含めて殊の外有難く存じて居ります。
どうぞ今後もご迷惑おかけすることでしょうが、何卒よろしくお付き合ひ願ひたいと存じます。ヘルパーさんが来て下さる日を、それこそ首を長くしてお待ちして居ります。残りの人生明るくなり、安堵致して居ります。

やはらかき 闇の一村 霜の声 佐和子

Filed under: お知らせ,ほーぷレター — 55hope 3:49 PM  Comments (0)

保険外ヘルパー利用者様の声 ほーぷとともに歩む

訪問援助ご利用 山條美代子様

週2回、介護支援のあと、訪問援助(保険外サービス)でいろいろお世話になっています。玄関、リビングのテーブルには 花瓶に、洗面所、トイレには小さな瓶に、お花を挿してくださっています。最近庭の手入れもしていないのに、花をさがして、 雑草の花も、上手に、挿してくださいます。癒されます。 何より嬉しいのは、電話する友人やメールする友は遠くに行ってしまい、寂しいので色々話しを聞いてもらうことです。同じ話しをしていても、もう聞いたよ、とは絶対言はれません。嬉しいです。

器具の使い方や、日常生活で解らない事も教えてもらいます。感謝でいっぱいです。ほーぷさん、有り難うございます。 これからも宜しくお願いいたします。

Filed under: お知らせ,ほーぷレター — 55hope 4:41 PM  Comments (0)

保険外ヘルパー利用者様の声 ほーぷとともに歩む

訪問援助ご利用 吉田和子様

振り返れば、ホープさんが事務所を開いて間もない頃だったと思います。二人共健康でした。私は週一度、趣味の講座受講のため、夕食の準備をして出掛けていました。そうした時、制度利用を勧められ夕食準備をお願いする事になりました。講座修了と共に利用も終りました。

それから数年後、夫が認知症を発症、介護なしに暮らせぬ状態になりました。症状の軽い間は、日課にしていた散歩や、入浴の介助。症状が進むに従って、住居の手すり設置。介護ベッドの選定。訪問医の紹介。介護食の業者指定。シーツや衣服の交換、清拭等々。困った時にはいつも助けて頂きました。 夫が亡くなってからも、自費でお世話になっています。体調を崩した時も困らず済みました。今も元気で暮らせるのは、ヘルパーさんお一人、お一人に支えられていると感謝しております。

Filed under: お知らせ,ほーぷレター — 55hope 3:03 PM  Comments (0)
FX