本の紹介「しずこさん」

表紙の「しずこさん」の写真が若い頃の母に似ている気がして、思わず購入しました。
直線立ちのワンピースやビーフシチューは、母が「暮しの手帖」を見ながら作っていたような気がします。ミルクティーは「ポットに一つ、あなたに一つ」と言いながら入れていたし、ストーブは「ブルー・フレーム(アラジン社)」を使っていました。
私自身は、ほとんど読んだ記憶がないのに、母を通して私の中に「暮しの手帖」が息づいていることに気づき、なんだか不思議な気持ちになりました。「女の人を元気にしたい」と考え、「物やお金がなくとも、暮らしをもっとおしゃれに豊かにする知恵と工夫を集めた雑誌」を創った大橋鎭子さん。私にとって、ほーぷに関わっている方みんなが“大橋鎭子さん”に思えてきて、にんまりしています。本物の大橋鎭子さんはどのように生きていかれたのか・・・まずは明日の朝も見なくては・・・。
(森嶋直子)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

FX