水彩スケッチ講座のご案内

平澤一晃先生を講師にお招きして12月4日「水彩スケッチ講座」のサークルがスタートしました。

初日は、オリエンテーション。最初に先生からいきなりクイズです。「幼稚園児がこんな絵を描きました。□の中が赤で塗りつぶされています。さて幼稚園児は、何を描いたのでしょう?「・・・夕日?とか」「・・?」答えはゆで卵。この幼稚園児は、ゆでる事で固くなった卵を四角に、ほかほかにゆで上がった熱さを赤に例えたのです!上手な絵=良い絵とは限らない、下手に見えても良い絵がある。「感性」で心に残る絵を描くには・・・5つの条件があるとの事。その中でも、*感動する気持ち (大人になればいつのまにか現実的になり薄れていませんか)*よく見る、よく考える この2点が大切だそうです。

用具の詳しい説明や、実際に鉛筆を持ち様々な線をひく練習もあり、大変楽しく充実した時間でした。次回以降、初めて来ていただいた方も一緒に楽しめます。毎月第1・第3金曜日午後1時30分~15時です。
(平成28年1月のみ第3・第5金曜日)絵とはこんな楽しいものかと感じてみません
か。参加ご希望の方は、ほーぷ事務所までお知らせください。(松本)

Filed under: 地域交流,(地)水彩スケッチ講座 — 55hope 4:51 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

FX