インターンシップ体験記 追手門学院大学 塔本渚さん

8月1日からインターンシップでお世話になった、追手門学院大学3回生の塔本です。実習の10日間は始まったと思ったら、すぐに終わってしまったな、という感じでした。

初日は何がどういう流れなのかということも知らずに、ひとりあたふたしていただけだったのですが、日にちが経っていくにつれて、次第にどういう風に動いて行けばいいか分かってきました。

私が実習中に思ったのが、介護にはいろいろな能力が求められるのだな、ということでした。始まる前までも、大変なのだろうと考えていましたが、具体的に注意力や知識、家事を行うことだったりが要求されるということが分かったので、とてもいい経験になったと思います。

この経験を糧にして、またいろいろなことを学ぶのに生かしていきたいと思います。10日間ありがとうございました。

Filed under: デイサービス,見学・体験報告 — 55hope 8:47 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

FX